R P A 導入

ホワイトカラー業務の自動化/効率化

  ●セミナー情報  

     

  ●現状の課題  

 「人事」というテーマは今までここまで執られなかった大きなテーマでした。また、その中でもテレビや雑誌などの様々な媒体で、『働き方改革』という言葉が謳われています。

 『働き方改革』とは、主に従業員の長時間労働と生産性向上や、コスト削減をする、という事は既に皆さまのご存知の通りですが、 この様な『働き方改革』の実施に対して、どこから始めたらいいのかというお悩みをお持ちの企業様も多いのではないかと考えます。 また、いざ業務の効率化を図ったとはいえ、短期的なコスト削減や生産性に終始するのではなく、中長期的に組織として、人として成長することを目的とした業務効率化を目指すといったものが本来の目的です。


  ●企業の働き方改革の動き(トップと現場の意識ギャップ)  

経営者が
求めている人事
➀人材の育成・維持 ②生産性向上
➂現場リーダーの考え方の共有 ➃組織文化をDNA化
現状の人事
➀採用をメインで行っている ②給与計算を行っている
➂勤怠を集計確認している ➃事務の手続き行っている
BPO(トップ目線)
(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)
➀コア以外の業務を専門に委託 ②手間の掛かる業務を外部へ
➂コストの削減 ➃ミスの減少
BPO(人事目線)
➀自分のノウハウ活用への安心感 ②給与計算などの社内情報の関係する業務を委託するという セキュリティなどへの不安

また、人材維持に関して、退職率や有能な人材が去ってしまうなどの課題にも下記の様な意識ギャップがあります・・・

  ◆解決策  その1(導入企業様)  

トップダウンによる徹底的な実行能力で効果を求める

②トップの考え方を現場の考え方と一致させ、現場から利益を生み出す力を生みだす。

➂現場(自分)の仕事を削減する意欲で取り込む姿勢を求める

人事業務担当者を削減し、全体的な効率化への意識
 (人事部門に6人いた場合、人事担当を2名にし、残り4名は他の業務などを割り振る仕組みを構築する等)

➄どうしても現場が変わらない場合は、外部より担当者を設置すること

  ◆解決策  その2(ジャンガ・テック)  

●JANGAの思い

➀システムがいくら自動化されたとしても、「ユーザーからの要望が反映されていない」場合は業務効率へは繋がりません。

②システム分析や自動化より、現在行っている業務への要望の方がはるかに重要となる為、事前にヒアリングを行います。

➂「ユーザー様」の思いを技術力で応えます。

➄どうしても現場が変わらない場合は、外部より担当者を設置すること

●JANGAの対策

➀経営者様へヒアリングの後、方向性を決定します。次にトップが望んだ現場のありべき姿をシステムへ反映。

②システム稼働後の3ヶ月~6ヶ月間は「調整期間」を設定。機能に関するご要望がった場合、対応させて頂きます。

➂問題なく使えるようするまでの運用支援

  ◆ご提案  

 働き方改革』の一つとして、AI(人口知能)を活用した人事業務のシステム化をご提案致します。 RPAによる業務を自動化する事は、働き方改革を推進する上で有効な解決策の一つとなります。

--自動化に関するシステム一例--

➀スタッフの入社管理業務(雇用契約作成/個人情報管理)

②日々の勤怠管理(勤怠打刻/データ集計)

➂給与・源泉自動計算/明細自動発行

➃受付業務(企業の来社受付業務)

➄識別マーケティングなどなどホワイトカラーの業務をRPAにより自動化

  ◆自動化に関する一例(入社管理)  

●個人情報管理(人事データ管理)

 PC/スマートフォンでの入力の他、年配の方でも登録できる様に音声認識機能を活用しての音声での登録可能。また住民票などの写真アップ画像の読み込む事も可能。(別途、昇給や異動データの管理も可能)

●雇用契約書の作成

 雇用期間や基本給データ(月給/時給)を設定し雇用契約書を電子化。また、契約期間より終了日を知らせるアラート機能搭載

  ◆自動化に関する一例(勤怠管理)  

●勤怠打刻

 タブレットやPCより、ID入力/ICカード/静脈/バーコード/顔認証での打刻が可能。(タブレットはオフライン打刻可能)

●勤怠データの自動集計

 打刻されたデータは自動的に集計される為、集計作業の軽減。また、オンラインはもちろん、オフラインでのデータ修正やデータ出力も可能です。(勤怠データリアルタイム確認機能あり、承認機能も搭載)

  ◆自動化に関する一例(給与計算~明細発行)  

●給与計算

 SMS内より必要データを反映し、自動で給与計算が可能。(初期時は給与規定等設定が必要です。)

●電子給与明細(源泉徴収票含む)

 給与計算が完了後、自動で明細が発行されます。また、単独での導入も可能であり、現在ご利用中の給与計算システムから出力したcsvデータをアップするだけで明細の発行が可能です。また、扶養データや控除データを取り込む事により、源泉徴収票も電子化が可能。

  ◆自動化に関する一例(受付)  

●無人受付システム

 企業受付においてAI(人工知能)が訪問者の方へ対応・案内を行うシステムです。 受付前に立つだけで、AIが人物を特定。訪問された方が誰とのアポイントなのかを自動的に検索してご案内を行います。(事前に訪問情報登録) 初対面の人物の場合でも、名刺を写すことでご案内が可能です。 AIが訪問者の顔を学習する機能も搭載しているので、来訪頻度が上がるほど識別精度が向上します。

  ◆自動化に関する一例(名刺管理)  

 取引先様などと交換された名刺を、その後手入力でリスト化や、名刺ファイルにて管理されている場合、この『名刺管理』も自動化が可能となります。交換した名刺を撮影するだけでデータを自動DB化し、PCやタブレットの端末上にて随時閲覧が可能となります。また、管理しているデータを元にメールの配信などのマーケティングに活用可能です。

  ◆機能一覧(一部)  

 当システムは、お客様のご予算やご要望により段階的に機能の導入が可能となっております。また、企業様の課題に合わせた機能設定(個別対応)が可能です。
カテゴリ 機能名
雇用通知管理 【管理者】スタッフDB・雇用通知管理・スタッフ入退管理
【一般スタッフ】雇用通知参照承認
勤怠 【管理者】マスタ管理・スタッフ管理・リアルタイム打刻情報・勤怠承認管理
【一般スタッフ】勤怠打刻(①PC ②タブレット ③スマホ ④静脈 ⑤顔認証 ⑥カード)
生産性管理
(業務別の勤怠管理)
【管理者】マスタ管理・スタッフ管理・リアルタイム打刻情報・勤怠承認管理
【一般スタッフ】業務ごとの作業時間打刻(①PC ②タブレット ③スマホ ④静脈 ⑤顔認証 ⑥カード)
給与関連 【管理者】勤怠処理・給与規定・社会保険/雇用保険他
給与自動計算・給与明細一覧・給与明細管理・年末調整・市町村に報告提出・保険データ提出他
【一般スタッフ】個人明細(賞与・源泉徴収票)
受付システム
名刺管理システム
打ち合わせスケジュール登録・受付処理・名刺管理機能
入退室管理 フロアへの入退管理機能
(従業員の動向分析・セキュリティ向上)

  ◆RPA自動化/システム化へのメリット  

➀書類を人の手で次から次へと受け渡していく代わりに、様々な業務をシステムにて自動処理することで、それまで人手に頼っていた業務フローを大幅に効率化できます。

②AIなどの技術を活用し、従来把握しきれなかった情報を活用、多面的に分析することで、人事業務の精度を向上させることが可能となります

➂クラウドシステムの為、ネットワークに接続できればどこにいても利用できる為、外出先や自宅からでも業務を行えるようになります。

➃現在の業務を効率化、しかもコスト2/3までダウンを実現、管理セキュリティの向上へ繋げます。

  お問合せ  

株式会社ジャンガ・テック
B&M事業部
担当:ドリナ、石井、松居、逸見
:043-213-3501

本社:千葉県千葉市美浜区中瀬1-3  幕張テクノガーデンB棟9階
中国開発センター:中国青島市寧夏路268号A座3階
ベトナム開発チーム:7F,Duc Dai Building,302 Nguyen Trai,Trung Van,Nan,Nam Tu Liem,HaNoi
アメリカAI研究センター:20 Via Lucca D214, Irvine, CA, US