「行動観察」をビジネスに活かす


img_6876

本日午後、ホテルグリーンタワーにて行動観察研究所様主催の

【「行動観察」をビジネスに活かす】

というセミナーに参加させていただきました。

内容としては

1.行動観察が注目される背景

2.行動観察の特徴

3.観察・分析の視点

4.「行動観察X」のインサイトとリフレーム

5.行動観察事例紹介

6.エピローグ

目に見えるモノとは違って、

サービスは

無形性(目には見えない)、

非貯蔵性(貯蔵できない)、

不可分性(生産と消費が同時に行われる)、

異質性(人によって品質が異なる)

わけで、顧客志向や顧客のニーズを把握するには

現場のリアルな実態を観察しなければならないわけですね!

では観察においてなにが重要か。

「HMIの5側面」

身体的側面、頭脳的側面、時間的側面、環境的側面、運用的側面

の5側面です。

この観察によりインサイト(これが本質ではないかと思われる事柄)を導出し、

それに対してリフレーム(今までにない新しい枠組み)を発見しなければならないわけですね。

この観察の中で、5側面と同じくらい大事なことが

”弟子入りするように謙虚に観る・接する”ことなんだそうです。

とても勉強になるセミナーでした!!

Pocket

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です