顧客囲い込みの新常識


img_8119

10/10発行の日経ビジネスにこんな記事がありました。

顧客を依存させる凄い囲い込み

———-もくじ———–

①「おもてなし」より「快適性」

②「平等」より「区別」が大事

③ポイントカードは両刃の剣

④国境を越えて通用 これが「五感吸収法」

成熟市場で企業が成長するには、リピーターを増やすことが欠かせない。

だが、新しいサービスや商品が絶え間なく登場する今は、

1人の顧客を囲い込むことすら困難な時代だ。

「ファンを作る」「顧客とともに」…。

そんな聞き慣れたスローガンを掲げ、当たり前のことをしているだけでは、顧客を引きつけるのは難しい。

「あらゆる手を講じて、消費者を自社の商品・サービスに依存させる」──。

今の時代、本当に顧客を囲い込みたいなら、そのくらいの気持ちが必要だ。

とコラムの著者は話します。

安ければ売れるわけでも、

丁寧な対応なだけ売れるわけでもありません。

少子高齢化といわれている現代、

『平等』にお客様に対応するわけにはいきません。

消費者は減る一方なんです。

サービス業は、顧客を識別して、

一人ひとりに違うアプローチをかけていかなくてはなりません。

この記事では一人ひとりに適した

顧客を依存させるサービスを紹介しています。

とても勉強になります。是非ご覧ください

ジャンガ・テックではどうやって識別していいかわからない・・・

なんて企業様を支援するため、

J-COMSというクラウドサービスがあります。

お客様のポイントカードとPOSレジとを連携して

その日お客様が何を買ったか、

いつも何を買うのか、どういったものが好きなのか、

どんな組み合わせで商品を買っているのか、

どんなペースで来ているのか、

さまざまな分析が可能です。

この分析からどのように顧客ファン育成の

アプローチをかけるかはお店の特色によってさまざまです。

マーケティングの担当者がいない場合は

ジャンガ・テックの分析マンがお助けします。

今の時代にあった顧客識別マーケティングをしていきましょう!!

この記事について社長もブログで綴っております。

是非ご覧ください(^^)/!

Pocket

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です