ジャンガ✕サツマイモの日


img_8112

「栗(九里)より(四里)うまい十三里(9+4=13)」の「十三里」とはサツマイモの異名で、

江戸から十三里(約52㎞)離れたところにある川越のサツマイモがおいしかったことから生まれた言葉です。
そこから、埼玉県川越市の市民グループ・川越いも友の会が

サツマイモが旬でもある10月に、この日を記念日に制定しました。

この時期は

サツマイモやクリ、カボチャほんとにおいしですよね~!

特に女性は大好物です!!

食欲の秋、食べ過ぎないように

運動もしなくてはなりませんね!

この間のボーリング大会の影響で

ジャンガは筋肉痛の社員で溢れています。

ですが、スパルタな専務により

お昼3時ごろ運動タイムが開催されました。(笑)

眠気覚ましにもってこいですね!

今後も続けていきたいと思います♪

Pocket

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です