顧客一人ひとりの購買スタイルや店における貢献度により区別化して対応できる仕組みです。顧客一人ひとりの特徴に合わせてアプローチする方法は、今までのマスマーケティング手法と全く違う効果が得られることはアメリカではウォールマートを始めとする数多くの会社にて既に立証されています。2008年のアメリカで行われた国際小売業協会の会議でもマスマーケティングは顧客識別マーケティング時代へ移り変わるとの認識で一致しています。

日本ではCRMをはじめとする顧客管理が始まったばかりで顧客識別マーケティングは未熟です。理由は、成熟した理論と高度な技術がなかったからです。

ジャンガ・テック社が導入した理論は米・欧・豪三大陸で大活躍し大いに成功を果たした実力派コンサルタントのブライアン・P.ウルフ(Brain P. Woolf)の『顧客識別マーケティング』を手本にしたものです。このアメリカで成功した顧客識別マーケティングの技を日本に持ち込み当社クライアントと協力して既にドラッグストアにて成功を果たした実績があります。


〜ビジネス&マーケティング事業部より〜

現在、社会経済状況の悪化、および小売業者間の販売競争激化により、売上や粗利を伸ばすことはきわめて難しい状況にあります。
これまでのように単に売価を安くするという手法に頼ることは、会社の経営に対して厳しさを感じる方もおられるかも知れません。さらに仕入価格を抑えたり、その他経費を削減する方法はすでに限界に達していると思われる方もいらっしゃることでしょう。
 
これまではマスマーケティング手法を活用することにより経営目標を達成することができたかもしれません。しかしこれからはどうしてもCRM(顧客識別マーケティング)手法を使いこなす必要があると考えています。

そこで弊社はJ-COMsシステムをご提供させていただきます。わたしたちは『物を売る』という思いではなく、小売業様の営業に役立つ情報を提供し、経営の助けになれればと考えています。
是非、デモを通してCRM導入の効果や価値に対するご理解を頂きたいと願っております。ご関心があればどこにでも伺って情報提供させていただきますので、気軽にお電話(043-213-3501)もしくはお問い合わせ(CRMを選択)いただければと思います。

〜私のモットーは『効果が約束できるサービス』です〜

アメリカ現地で勉強・生活した経験を活かし、小売業システムなど12年間に渡って研究しました。
顧客識別マーケティングの研究や Panasonic 研究所での開発経験や小売業向けシステ ムを一から積上げた経験を活かして、お客様のお役に立つ、より良いシステムを提供したいと思います。誠意を持って、お客様のビジネスに確実な効果を持たせるサービス提供を追及していきたいです。

我々は自分の技術力の生産性の強みを発揮し、お客様に低コスト尚且つ “ 良い” ものを提供したいです。クラウドの選定からリッチクライアントの選択を提案して、 IT業界で一番性能のいいものと幅広く支持されているFlex/Flashの導入を決定しました。おかげさまで、使い勝手と表現力はバツグンです。

徹底した技術力と成熟している分析知識で、お客様の売上と利益向上の真の望みを叶えます。

〜お客様のコスト削減のお役に立ちたい〜

小売業CRM

システム開発は企業経営のコストにも関連しています。

開発が速ければ、速いほど、コスト削減に貢献できます。システム開発について、本で得た知識ですが、生産性の高い人、低い人の間の差は 26 倍もあるそうです。同僚の技術者たちは平均レベルを上回っていると思うし、常に努力しています。私は効率のいい生産性高いシステムエンジニアをサポートして、お客様のコスト削減に貢献したいとがんばっております!

社内の雰囲気も良くて、SEたちも優しく教えてくれます。仕事を楽しみながら、システム開発は夢中になっています。


〜無事故サービス 10 年間 3650 日々、お客様の満足を得ています〜

先輩達のお客様満足度第1のサービス精神を自分も励んでいます。始めは慣れないことなので、不安や緊張がありましたが、責任やコミュニケーションの重要性を再認識し、少しでもお客様からの信頼を得られるよう頑張っています。仕事を通して、これまで見えていなかった部分まで見えるようになり、足りない知識や経験は常にとなりの先輩に教り、補い、ステップアップでき、お客様の満足を得られるようになりました。システムエンジニアというと、自分ひとりでパソコンに向き合う事を想像されがちですが、ここではお客様とのやりとりや、外国人技術者とのコミニケーションで常に鍛えられるので、いろいろと新しいことを学ぶことができています。(^ o ^)


〜分析の力で、お客様の収益に貢献したい〜

小売業CRM

「分析力は企業の最も強力な指針」であることを、実際の分析の中に感じました。顧客の購買行動や商品販売事態を深く把握し、改善する目標をお客様と一緒に考え、見つけていきます。

最先端な学術理論を利用し、利益増加とコスト削減することを達成するために、省コスト高利益のプロモーションをご提案させて頂きたく存じます。

是非データ分析を通して、ご指導・ご鞭撻の程宜しくお願い致します。


顧客識別マーケティングシステムの開発当初、単純にシステム開発を駆使し、一所懸命頑張り、お客様のお役に立ついいシステムを開発しようとしました。大型データウェアハウスを中心にした日本国内で一番精密な分析ができるシステムに仕上げました。しかしながら、お客様にサービスを提供し始めると、最初の顧客分析システムの構造が、使用上何か足りないような気がしました。幾らいい分析結果があっても、その結果を解説し、実際にマーケティングの行動としてアクションを起さない限り、結果として“いいシステム”とはいえないと思います。

お客様が顧客識別マーケティングをするには、詳細分析はもちろん大事です。正確な分析がなければ、正しい行動を取ることができないからです。しかし、正確な顧客分析結果があったとしても、解説できなければ、正しい行動は生まれないし、結果はもちろんないのです。

顧客識別マーケティングで、成果を得るためには、以下のPDCAサイクルを徹底的に繰り返すことです。効果が出るまで私たちはお客様の支援をさせていただくことを約束致します。



Pマーク

個人情報保護方針

代表著作:無料ダウンロード

店長さん!お客を区別すると、儲けますよ!

画像