Header image alt text

人事労務システム提供実績18年間33万の愛用者!効率化最大95%アップ、

劉 桂栄のブログ

共創マーケティング

Posted by 劉 桂栄 on 2017年2月24日
Posted in 海外視察 

「共創マーケティング」とのお話はよく聞きませんか?話題になるぐらい言葉より、いいマーケティングになるでしょうね。それでは、共創マーケティングとは、何?

商品やサービスを生産者から消費者へ円滑に提供するためのビジネス活動を指していると思います。

消費者は必要とする商品が望ましい価格や方法、タイミングで提供されることを求めている中、生産者は標準化した商品を大量に生産し、より低い費用で素早く供給することを実現します。

このような消費者と生産者の希望を結びつけて能率的な供給をすることを「共創マーケティング」と言うわけですね。

201702241

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの写真は先日台湾視察、台南の屋台(夜市場)に撮った一枚です。

こちらは子供が何かを販売しています。大人と価額を交渉している様子がお分かりますね。

我々が近づいたら、「その大人にちょうっと待ってください」と言って、我々に向き、「これをほしいですか?」と聞いてきたのです。いえと言ったら、また、ずぐその大人と交渉を始めたのです。

これを見て、可笑しいと思われるかもしれないですが、市場ニーズから見た時、商売人を育てる観点から見た時、素晴らしいと思わないでしょうか。

このような行為はマーケティングまで言えないですが、もしかしたら、消費者と共創マーケティングを生まれるかもしれないです。

実は、このようなマーケティングは製品、商品が生まれる時点で、製造者と消費者を結びする小売業がありました。

昔からでもの活動ですが、市場調査、リサーチや商品化計画、販売促進、宣伝広告などを経由し、その共創が示していました。

最近、このようなソウゾウ市場は、消費者に一番近い小売業からでも、可能になりました。それはワン TO ワンマーケティングから、そのニーズをソウゾウできるようになります。

201702242

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの写真(台湾視察)を見てください。なんだと思いますか?

こちらは実は日本人によく使われるマスクです。

マスクの世界でマスク機能があればいいでしょうと思われるかもしないですが、

ここ台湾ではマスクは一つのファッションです。

自分が好きな色で、好きなタイミングで付け、機能のみではなく、自分の似合う色で満足度をアップする、このような効果をきっと生まれていると思います。これでも、一つ共創マーケティングではないか?

消費者のニーズがあった時点で、大量生産すれば、いいことではないでしょうか。

201702243

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの写真(台湾視察)はお粥です。但し、飛目金というお魚でつくられたお粥です。魚とお粥はどう考えても連携性がないようですが、台湾ではすごく市場があります。このような市場の規模が大きくなればなるほど、影響力があります。

遠く離れた日本から行った観光客はわざわざ食べに行きますね。影響力から生まれたマーケットですね。

このように個客の潜在意識を引き出すことが期待する「個客識別マーケティング」小売業CRM

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

20170102011

 

劉 桂栄 著作

ダウンダウンダウン

店長さん!お客を「区別」すると、儲けますよ。

208a0d16-cd37-42de-8b94-5414dc9b97fd

 

繁盛している台湾小売業

Posted by 劉 桂栄 on 2017年2月21日
Posted in 海外視察 

20日の月曜日、キャリア研究会台湾研修視察は小売業でした。というのは、小売業の視察が一番簡単実行できるものでもあります。

台湾の小売業の実態はどうですか?一言で、見た目から判断すれば、繁盛です。

でも、データからどうでしょうか?ちょっと見ていきます。

データー:2016年11月7日付の台湾の経済部統計局によると、台湾小売業界の売上高は2016年1-9月期において前年同期比8.4%増となる過去最高の成長率を発表しました。

米国が前年同期比1.8%増(2016年1-8月)、日本が同-2.7%減(2016年1-8月)であることと比較すると、台湾の小売業の好調さが分かってきますね。

業績が好調な要因としては、消費者ニーズにこたえる形で取扱商品を多品目化したことや、決済手段を拡充し、現金中心からの交通系電子マネー等といったキャッシュレス化を普及させたことにあるようです。

同統計局によると、2016年1-9月期における新規出店数は前年12月末比で80店の純増となっており、スーパーマーケットの台湾全土の店舗数は2016年9月末現在2,025店、1店舗当たりの平均来客数は11,615人/1店舗となっているとのことでした。

データーから見た時も台湾の小売業がずっと繁盛しているようですね。

台湾でも個客ニーズの把握管理手段の多様化が消費者動向に大きく影響を与えている見えてきます。

本部指示100%徹底

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの写真は台南のスーパーマーケットの青果部門の商品です。

兎に角種類が多いとは驚きぐらいです。殆どの果物が日本ではあんまり見えないですが、結構美味しい果物ですよ。

201702194

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの社員は台北と台南のコンビニです。

二つの町はどっちでも、日本人の好きな食品を置いています。

例えば、お握り、おでん、ギフトなど、

時におでんのコーナーは日本よりにも大きいです。

暖かい台湾でもおでんは大人気のある食品ですね。

レジはいつも結構並べている感じました。

また、価格ですが、日本と比べても、そんな安いと思わないですが、売れています。

これこそ、店繁盛と言える繁盛です。

 

201702201

 

 

 

 

 

 

 

 

20日の最終日、台湾の知人を通して台湾の小売業様と打ち合わせをしました。

内容は秘密ですよね。

林默娘公園に造られた強大な媽祖石像

Posted by 劉 桂栄 on 2017年2月19日
Posted in 海外視察 

こんにちは!19日の日曜日です。

この日曜日を活かして、キャリア研究会のメンバーは台南にある林默娘公園にやってきました。

中国人の南の方の皆さまの媽祖に対して信仰を再現しました。

媽祖(まそ)は、航海漁業守護神として、中国沿海部を中心に信仰を集める道教の女神。尊号としては、則天武后と同じ天后が付せられ、もっとも地位の高い神ともされる。その他には天妃、天上聖母、娘媽がある。台湾福建省潮州で特に強い信仰を集めています。

林默娘公園に造られた強大な媽祖石像が台南の皆さんを海から護ってるような力を持っている気がしました。

また、こちらから見た海もきれいでした。

給与明細

 

 

 

 

201702199

キャリア研究会国際交流会(台湾)

Posted by 劉 桂栄 on 2015年12月20日
Posted in 海外視察 

2015年11月27日から30日まで、連日青天の暖かい台北に視察&キャリア研究会のためやってきました。 私が初めての台湾でもありますが、馴染みがあるようです。
タクシーの運転手と一緒にその運転手が出身地「阿里山」の歌を歌ったり、いろいろな楽しい話が話したり、分からないことを聴いたりして、なんとタクシー勉強って結構勉強になりますね。
次の写真は台湾国際所の女性スーパーウーマンと交流進行中!女性を活かすところを勉強しています。

台湾国際処での会議のあとの食事はキャリア研究会のNG様の台湾友人、Rosaも来てくれました。 私二人も友達になりました。台湾の女性達が結構活躍しているので凄いなぁと思いました。
NGさんもRosaさんも、昔アメリカロスで国際IT開発者として活躍したそうです。
勿論今でも活躍中です。
201511273
本日朝から充実尚且つちょっと別れ会してから、野柳地質公園へ向かえます。
いろいろなものを見てながら、モノの不思議から連想しながら、脳の訓練でもあります。
今回見たのは海側の地質の変化でした。
案内書から分かってこちらの地変は内陸と比べれば、変化が速いと記載しています。

実際何年前の銅像実物と比べて見たら、本当にはっきり変化しているのが分かります。

故宮博物館にてのお勉強後、このゴージャスの圓山大飯店でNG様のお陰様でご馳走しました。円満の交流会はいよいよ国際交流が終了時刻になります。キャリア研究会の研究は引き続きます。

201511274 201511271
そして十分へ。ここは始めて。願いを書いて空に飛ばす天燈。
キャリア研究会 8名の参加者でそれぞれ書き、天に飛ばしました。
凄く良かった❗その後滝へ。なかなかのものでした。
みんな元気元気❗ その後九分に行きましたが九写真はよく出てるのでスキップです。
キャリア研究会のお願いを点灯は神様のところに送ってくれるとのことで、発射!
これで、お願いは神様に届くそうです。信じましょう。届くことを!
2015112710 2015112712 2015112713
============================================

20170102011

 

劉 桂栄 著作

ダウンダウンダウン

店長さん!お客を「区別」すると、儲けますよ。

208a0d16-cd37-42de-8b94-5414dc9b97fd

シリコンバレーIT視察感想

Posted by 劉 桂栄 on 2015年3月11日
Posted in 旅&食海外視察 

2015年3月4日から8日まで、世界でも有名なIT発達、発信地アメリカのシリコンバレー視察を行きました。今回は小売業ではなく、先端技術を持っている、或いは開拓しているIT企業でした。

テーマは「タイマシーンに載って未来を見に行く」 _5年後のビジネスモデル

3泊5日間の視察をしながら勉強にいってきました。

予定IT8社ですが、私が途中に一社凄いIT会社のCEOとの商談に入ったため、7社を見に行ってきました。

感想としては次の8つまでを纏めました。もっとありますが、先にこれと思います。個別企業の優れているところはまた、別途でご報告いたします。

1.ITをすごい投資している国と感じました

IT研究開発の環境は無償で提供しているそうで、行ってみたら感動しました。特にハードウェアの分の研究、試作品の創りなどの環境を揃え、研究者にとって、とても、研究、試作品創りしやすいです。その場所で3DプリンターのCEOは自らプレゼンテーションをしてくれました。3Dプリンター、ビアウェアなどの誕生も、ここで研究試作したそうです。開拓できるIT企業の誕生は研究開発ができる環境があるこそ生まれた企業ではないかと思われるぐらいです。

実は、内の主人は20年前から、電子ブック、アクセサリー知能を主張してきたものですが、残念ながらシリコンバレーのような研究開発場所がないので、考えることできたが、実行することができなかったのです。それでも、日本ではジャンガコネクターの通信機器の誕生で、ジャンガ・テックの誕生でもありましたからね。

2.アメリカ人は感知度が高い?

朝の散歩で海岸に行きたいですが、ちょっと道を迷ったところで、一人アメリカ人と出会い、道を案内してもらいたいですが、英語下手なので、「The seashore」との単語だけで、私が聞きたいことを分かってくれて、「どこから行って、どの辺に散歩して、この辺から、空港から離陸した飛行機をシャッターすれば、いい写真を撮れる、そして、その辺のホテルでしょう?と、ホテルまで帰る道」までも詳しく教えてくれました。手と頭のフリ・タテを上手く使て、コミュニケーションを取れたのですね。

コミュニケーションは本気に取ろうと思ったら、言葉できなくてもとれるものです。実は本気になれば人間の凄い潜在能力を発揮できるものです。実は私がこの現地の企業のCEOと商談することの設定も言葉できない環境で設定してもらいました。その後、カリフォニア大学留学している息子をロサンゼルスから来てもらって商談をしました。

私はそのCEOと商談する時の話です。コーヒーバーの2階から降りた途端、1階にコーヒーを飲んでいる女性が指でそっちと指してくれました。見たらトイレがそこにありました。どうして私がトイレにいきたいことが分かっているか、やはり感知度が高いですね、と感動ぐらいです。

3.コミュニケーション超能力的、楽観的?

Uberを初めて利用したときのことです。Uberの車に乗ってから、息子は運転手にプロモーションを掛けてくださいと頼んだ間もなく、男女2人が乗ってきました。お二人が乗った瞬間に「私二人結婚するつもりです」。また女性の方は「彼氏を連れて、お母さんに会いに行きます」と紹介してくれました。車に乗っている人は誰かと関係せずに、自分が話したいことは真直ぐ話してくれる、このオープンな性格には、こっちから話したくなりますね。

4.小売業は本当に個別サービスを実現している

買物する時、いろいろな会話の中に、私と息子二人が白ワインを頂いました。この店のイベントかどうかと聞いたら、年間に1回2回ぐらいがやると返答でした。でも、ワインまでお客様のために用意しているのは、素晴らしい個客対応と思いませんか。次の写真はその当時に頂いたワインで、息子と店内に乾杯!

IMG_0651

 

 

 

 

 

 

 

 

また、息子の紹介で「ここは店内に流している音楽も好きなものを注文することができますよ」といって、本当に注文してもらいました。音楽を流す設置場所は店内中心にあります。この便利さで、誰でも簡単に好きな音楽を店内に流されますね。

 

 

IMG_0655

 

 

 

 

 

 

 

 

5.自由な国

飛行機から降りて、入管手続きの間に、つまり入管のロビーで携帯などを維持したら、罰則されるぐらい、セキュリティに厳しいです。実は同行者の一人は携帯を操作した時に呼ばれて、個別審査を受けました。幸いに今回は罰金まで行かなくて済みました。厳しい審査は、靴まで抜くなどもありましが、そこから離れたら、自由自由です。ファッションから季節などが分からないぐらいいろいろです。トイレペーパーなども、向きなどが関係ない、入れればいいし、入れてものを使いたくなければ、自由さを感じて勝手に置いているペーパーもあります。どっちでも使うための効果は同じなので、これでもいいかもしれないですが。

6.考え方のスケールが大きい

「俺は世界を変えるよ」との勢いで世界を向けます。そのスケールでただ3人の社員でも、世界に自分をアピールすることができます。だから、アメリカからでたもののマーケティングは違います。ものが小さくても、世界に配信していく気概でマーケティングを開拓しているのような気概でやっていますね。

7.発想は違う

視察の2日間目、私の息子はロサンゼルスからきて、私たちと合流し、IT企業視察する時の話です。私のそばに1人を増えたとこで、ガイドさんに「boy friend」と聞かれました。また、ショッピングモールに買い物した時にも店員に「Fashion consulting」と聞かれました。これは通常生活範囲の活動ですが、この通常活動でも発想は違うかなぁと思いました。今までITの発想も、小売業のマーケティングもやはり発想から違うの分かります。これは日常生活に定着したものと感じしています。いろいろな発想は、やはり普段でも、言いたい事は、発信したいことは遠慮なくやっていけば、そのコミュニケーションからも生まれる可能性が大きいでしょう。

8.CEOはすべて

いろんなチャンネルを活かして、CEOは発信するわけです。

日本では実はソフトバンクのCEO孫さんも何時もTwitterに発信しています。大きなタイトルは:「やりましょう」です。そこから社員達が情報を取って、一日早く活動できる仕組みを造っているようです。社員が遠く離れても、社長と近い距離に置いている感じて、社長のメッセージを一日はやく取るように工夫するそうです。そうすれば、CEOが考えていること、やりたいことも分かっていると思います。アメリカの企業は社員教育より、自らアイデアを出したり、実行したりするのは主流です。このような社員をリードーしてもらうのです。

日本ではもちろん大手企業、CEOはすべてとの認識はまた、権限が弱いと思います。決裁などの制度は大体、稟議規程や職務権限規程などに基づいて、 稟議書を作って承認を得る企業が多いです。稟議制度はスピードを感じしません。どこで詰まったら、大きいチャンスも失う可能性も生まれます。また、WEB決済までの時間を短縮すれば未だ機能する制度だと思いますが、これでも中間管理職の邪魔で動かない企業があるでしょう。アメリカにも稟議制度に代わるものがあります。いわゆる社内プレゼンテーションです。社内担当者はプレゼンテーションの能力を求めるわけです。そのプレゼンテーションの上でCEOは決裁するわけです。CEOはすべてになれば、スピード感がありますが、一歩間違ったらリスクもあります。

CEOが自らのあらゆるの発信で、共感度の高い社員を判断できるのは、日本でもソフトバング孫さん以外でも結構実行しているようです。

前日、あるコンサルデングの勉強会でも、社長のブログにいいねをしている人は全部社員ですとかも、一つ事例ですが、また、全部社員になったら、ちょっと寂しいかなぁでもありますね。

兎に角今回のシリコンバレーIT視察は刺激が多いです。その刺激を受けれ頑張っていきたいと思います。また、何れか小売業、飲食業の経営者、またITベンダーの経営者をそこに連れて行きたいと思いました。

シリコンバレー視察写真

IMG_0630

 

3Dプリンター社のCSOが自らのプレゼンテーション

IMG_0639 IMG_0640 IMG_0641 IMG_0651 IMG_0653 IMG_0655 IMG_0657 IMG_0681 IMG_0701 IMG_06177 IMG_06555

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0449 IMG_0458 IMG_0461 IMG_0478 IMG_0494 IMG_0496 IMG_0497 IMG_0523 IMG_0534 IMG_0537 IMG_0558 IMG_0610

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 増収増益実績」

ダウンダウンダウン

208a0d16-cd37-42de-8b94-5414dc9b97fd

 http://www.janga.co.jp/

http://haku.web.native-service.net/

http://www.janga.co.jp/recruits/

http://haku.web.native-service.net/?page_id=713

 

Uberは迎えてくる

Posted by 劉 桂栄 on 2015年3月9日
Posted in 海外視察 

今からUber迎えてきます。
ー 場所: San Francisco Soup Company- Westfield Shopping Center

このように、サンフランシスコでは、Uberをすごく活躍しているみたいです。
話によりと、家庭乗用車は80%もこのサービスを登録しているそうです。
その利便さ感動的です。
支払う時に何もしないで、メールに支払う金額を知らせきます。利用者はクレジットカードを持っていれば、誰でも登録利用ができます。
昨年の日経ビジネスか、Uberのことを記事として取り上げました。私も読みましたが、実感がなかったので、感動まではいきませんでした。
  • 劉 桂栄 今度この車が迎えにきます。運動手の写真もありますから安心!

    劉 桂栄さんの写真
    今回シリコンバレーのIT企業視察の最終日、自由行動の時に利用してみました。このシステムを実感するために、利用してみました。やはりすごいと思いました。また、クレジットカードを一度登録して置けば、カードを持たなくても、ご利用ですます。もっと、すごい所はプロモーションを掛けると、料金は安くなるところです。この情報、この使い方が分かる方はいつも、安くてご利用できます。
    話によると、この企業は高度の成長で伸びているようです。
    中国でも、似たような仕組みが始まっているようですが、5,6年前に青島で一度利用したことがあります。ちょっと違うのはUberのように個人乗用車ではありません。タクシーはこの仕組みを取り込んだようです。
    日本でも、個人乗用車をビジネスとして活かしたい団体の動きもあるそうです。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     増収増益実績」

    ダウンダウンダウン

    208a0d16-cd37-42de-8b94-5414dc9b97fd

     http://www.janga.co.jp/

    http://haku.web.native-service.net/

    http://www.janga.co.jp/recruits/

    http://haku.web.native-service.net/?page_id=713

     

サンフランシスコ!バイバイ

Posted by 劉 桂栄 on 2015年3月8日
Posted in 海外視察 

このホテルと本日バイバイになります。3日間お世話になりました。環境は広くて良かったです。ホテルのレストランは11階2階で、グーリンの環境で食事をします。また、広い空間なので、一つ一つのテーブルは結構離れているので、リッラクスな空間を楽しみながら食事することができます。

— 場所: Hyatt Regency San Francisco Airport

上のアドレスをクリックすれば、このホテルの様子を見られます。
劉 桂栄さんの写真
劉 桂栄さんの写真
劉 桂栄さんの写真
室内のこのグーリンと花を見たら、その広さを分かるでしょう。
中華海鮮料理も美味しかったです。
Hyatt Regency San Francisco Airportのホテルの近くにあるこの店は、伊勢エビ、カニ料理が有名です。
タクシーで5分間もいらない距離で、このホテル住んで、手頃の値段で高級海鮮料理を味わいます。
また紹興酒と一緒に味わうのは最高の気分になります。
今回のサンフランシスコの旅では、一番美味しかったのはこちらの蟹料理です。調理の仕方も普段と違って、本当に美味しかったです。
IMG_0588

「本日2日目のアメリカ視察。また本日は元宵節です。初めてアメリカに元宵節を過ごしました。また、本日は凄い企業と出会い、また凄い福利厚生のいい企業のおもてなしまで見学しました。<br /><br /><br /><br />
まだまだ、息子がロサンゼルスから来て、本日の夕食はこんな凄い海鮮料理をプラス紹興酒の乾杯で、これ以上の嬉しいことはないでしょう。」
サンフランシスコのダウンタウンにある地元のステーキも美味しかったです。

サンフランシスコのdown townu(楽しい海洋の思い出)のお店です。

視察を全部終わったこの日は自由行動で、Uberを利用してサンフランシスコのdown townuへ、運転手のご紹介で、この店でした。肉が柔らかくて、今まで食べたステーキより何倍よりにも美味しかったです。

店の名前も訳したら、(楽しい海洋の思い出)になります。視察終わった後、息子と楽しいステーキの思い出になりました。

劉 桂栄さんの写真

一番はやはり毎度毎度このホテルからシリコンバレーのIT企業に視察したこと、学んだことでした。学ぶのは簡単、実行するのは大事。実行していきたいと考えております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 増収増益実績」

ダウンダウンダウン

208a0d16-cd37-42de-8b94-5414dc9b97fd

 http://www.janga.co.jp/

http://haku.web.native-service.net/

http://www.janga.co.jp/recruits/

http://haku.web.native-service.net/?page_id=713

内モンゴル_第4紀氷河期軌跡_氷河砂漠

Posted by 劉 桂栄 on 2013年9月22日
Posted in 内モンゴル海外視察 

2013年7月25日から29日まで、涼しいと言われている内モンゴル草原、砂漠、石林など第4紀氷河期の軌跡の場所に行ってきました。今年この五日間では、涼しいとは草原と石林は本当に涼しかったですが、内モンゴルの赤峰市都市部は涼しさはあまり感じなかったです。ガイドも言うのは、「今年は特に暑いです。でも、エアコンがなくても、眠れる夜の涼しさがありますよ。」割りに過ごしやすいかなあと思いました。今回は砂漠を紹介します。

砂漠の中に巨大の石、石より石の山、上るには後造られた階段で登る。私たちのチームメンバーがただ2名が登りました。話によると、あと写真もあったですが、石の上に穴があり、水が溜まっているそうです。

S_20130714

この運転手の車に乗せてもらって、砂漠冒険しました。車が立て走った感じ、怖いというか、兎に角すごーいことをチャレンジしました。みんな全員、車2大で体験してきました。さすが奔るとき写真は撮れなかったです。

S_20130712S_20130713 S_20130711

砂漠は熱いぐらいです。素足で、みんな走ったりしていました。ガイドの話によると、水虫病があれば、この砂漠が治してくれるそうです。ちなみに私も失礼しながら足を出して、砂漠を踏む踏む。

S_20130710 S_2013078 S_2013079 S_2013077 S_2013075 S_2013076 S_2013074 S_2013073
ここの砂漠までくるのは都市部から車、2時間以上を掛りました。そして、ここに停まっている車はほとんど日本産のものです。内モンゴルの砂漠にも、日本産のもが欠けっていないですね。もうグローバル化にさせていますね。ビジネスは国、国境を越えるその勢いは企業に対して一つチャンスですね。

S_20130715

psb.png

常識を超えて挑戦するのは先に行動する。その先、実現しているのは「夢」だ!

ダウンダウンダウン

売上・収益アップ、コストダウンの実現は夢ではありません。実行は大事!


グループ全体を集約するクラウド型戦略的な人材マネジメント
~ペーパーレスで業務を迅速な展開とコストダウンの実現~

ダウンダウンダウン

http://janga.co.jp/sms/index.html

支出を抑えることは利益を生み出す一つの手法
従来の運用体制からペーパーレス管理体制への変化
~事例から学ぶ

ダウンダウンダウン

http://janga.co.jp/sms/index.html


売上・収益アップ、コストダウンの実現は夢ではありません。実行は大事!

ダウンダウンダウン

導入者声:http://www.janga.co.jp/induction.html グッド!

アスクル 給与明細配信

アスクル 人事システムASP

(日本ブログ村女性経営者ランキング:本日13位) 

内モンゴル視察ツアーのご案内

Posted by 劉 桂栄 on 2013年5月9日
Posted in 海外視察 

謹啓 寒さ厳しきおりから、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。平素は格別のお引き立てを賜り、誠に有難く厚くお礼を申し上げます。

さて、平成25年度の海外研修を7月に企画しました。今回は7月25日より29日までの4泊5日の内モンゴル赤峰市、中国でもっとも人件費が低い地域です。しかしながら、高度なIT人材が集まり、日本よりもオフショア開発が発展してきた地域でもあり、世界有名なフォールマットもオープンする予定の街でもあります。

赤峰市は、北京から490kmに離れた北にある小さな町です。町の面積は9万平方キロメートル、人口は460万人を超えています。そのうちモンゴル民族はわずか10%弱ぐらいですが、その影響力は強く、ここに住んでいる漢民族も、モンゴル語を喋ります。町中、モンゴルの歌があちこちから聞こえてきます。

また、内モンゴルならの自然エネルギー資源のご利用風景をご覧に頂けます。実際にご利用頂けます。今回は2泊草原のポオに宿泊する予定ですが、そのポオのシャワーは実はすべて太陽光発電によって、温めているものです。曇り、雨の日は温めない場合がありますが、内モンゴルは日照時間が長いため、このような日は極めて少ないです。

今回は研修しながら、たくさんのモンゴル文化、モンゴルの大自然に触れることもできます。この北国の小さな町は、近年大きく発展した中国内陸の代表的な街です。大草原の自然、世界地質公園の八観光地の一つでもある美しい草原を歩きながら第四紀氷川の遺跡の奇観姉妹峰、桃園結義、月量城堡、九人の姫、将軍の寝台などが見られます。また中国のAAAA級観光地の石林も見られます。また、自然の魅力に加えて、多民族文化の融合とも言える多彩な食文化を味わうこともできます。

詳細は下の画像をクッリクし、確認をお願い致します。

 


アスクル 給与明細配信


 


アスクル 給与明細配信

 

タイガービール

Posted by 劉 桂栄 on 2013年3月30日
Posted in 海外視察 

今回海外流通業視察には、よく飲まれていたビールです。タイガービール(英文表記:Tiger Beer)は、シンガポールを中心に東南アジアで飲まれているビールだそうです。兎に角、連日30度を超える猛暑シンガポール、マレーシアにはこのビール飲むのは確かすっきりになります。