Header image alt text

劉 桂栄_ブログ

モンゴル人IT業女性社長

千葉日報のゴルフコンペ

Posted by 劉 桂栄 on 2018年6月4日
Posted in イベント・セミナー 

本日千葉日報のゴルフコンペに参加させて頂きました。

源氏山ゴルフクラブのコースが難しかったですが、

グリーンがよくて、天気にも恵まれて、

またにゴルフ日本女子プロゴルフの鎌田ハニーさんとご一緒のチームにさせて頂き、本当にありがとうございました
また、チームメンバーがみんなプロと変わりがありません。

また色々な打ち方などを教えて頂きありがとうございました。

楽しい一日になりました

賞品も頂きました写真の通りに有名な新鮮なたけのこです。

 

1806192

2018ドラックストアショー出展のお知らせ

Posted by 劉 桂栄 on 2018年3月4日
Posted in イベント・セミナー 

2017年のドラックストアショーの朝日テレビ取材者の取材をさせたです、残念ながら、その後のテレビに報道させていないようです。話を聞いたら、10社取材しても、1社出るかどうかのところです。

今年も私が3月15日一日現場要る予定です。

新しい方との出会いと願って、試飲会もありますから、どうぞ次の情報をご確認し、ご来場をお待ちしております。

●3月15日(木)・16日(金)・17日(土)・18日(日)10時~17時:第17回JAPANドラッグストアショー

・出展製品:RealCheck K-1(リアルチェックケーワン)

SMS勤怠管理システム/電子給与明細システム

・小間番号:幕張メッセ4ホール 4-013(ストア&ファーマシーソリューションゾーン)

・会場:幕張メッセ 4・5・6・7・8ホール

・展示会公式サイトは☛こちら

3年連続出展となるドラッグストアショー。今回は、新たにバージョンアップした本指示100%徹底RCK-1を出展いたします。また合わせて、タブレット/スマートフォンでもご利用可能な勤怠・電子給与明細システムも出展致します。

※3月15日(木)はプレビュー開催となり、14:00~入場可能となります。

昨年ドラッグストアショーよりの夢

Posted by 劉 桂栄 on 2018年3月1日
Posted in イベント・セミナー感動 

昨年のドラッグストアショー後、小売業専門雑誌「販売革新」の取材者がジャンガ・テックのASPサービス「リアルチェックK-1」のご利用者を取材しました風景はもう一度振り替えてみると、期待を湧いてきます。この気持ちを皆さんに共有し、今年のドラッグストアショーも夢を持って頑張ります。

取材の風景はもう一度振り替えてみましょう。勇気と希望を頂きます。

次は、取材など内容をご覧ください。

導入前の課題と、導入までの経緯、そしてその後の効果について伺いました。

取材者:「販売革新」雑誌の編集長石神様他記者1名

  • 導入前にはどのような課題がありましたか?

GOO新星堂商品部 コスメグループ 運営企画チームリーダーの森島様より

当社では、掲示板・メールと2つのツールを利用して

売り場情報・返品・売価変更・不具合情報・コンテスト等の指示を出していました。

全部門から指示が出されるのですが、DVDやゲームは新商品のたびに指示を出すので、

指示を出す側ならまだしも、受け取る店舗側の負担はさまざまな部門からの指示を受け取るためとても大きかったです。

店舗従業員が他の作業で対応できないことも多々ありました。

本部は店舗が指示を確認したかもわかりませんでした。

巡店で行ったときに、売価がそのままだった・・・なんてこともあります。

 

また、指示に対する報告も、どこから報告がきているのか紙のリストに

チェックを入れながら確認してたんです。30分以上かかって非効率的だと思っていました。

メーカーさんが行う売り場コンテストも同じようにメール報告でしたが、迷惑メールとともに埋もれてしまったりして…

メールに開封通知を使う人もいましたが、徹底はされませんでした。

また、指示メールも定期便ではないため店舗スタッフとの行き違いになっていました。

 

こういった悩みは全部署で共通の課題となっていました。

・リアルチェックK-1導入経緯


GOO新星堂商品部 コスメグループ 運営企画チームリーダー森島様より

2016ドラッグストアショーでRCK-1をみつけ、その場ですぐに「いいな」と思いました。

その後、社内に戻ってまず初めに運営部に提案しました。

今までのやり方を変えることに重い腰の方もいましたが、

9月からトライアルをやってみることになりました。

まず自分の担当であるコスメの11店舗で利用しました。

店舗からの評判もよく、実導入が决定となり10月から66店舗に導入されました。

 

導入へのハードルは全くなく、初期設定も簡単で、1日もかかりませんでした。

全員が認知するまでは1ヶ月ほどかかりましたが、

周知に関する資料や勉強会をジャンガ・テックさんが設けてくれたので早かったです。

現在では、コスメ以外にも多部署で利用され、本部・店舗の全員が当たり前のように使っています。

利用開始から一度も従業員から問い合わせがないので、本当に単純かつ簡単な操作で使用できるシステムなんだな。と実感しています。

導入後どのような変化がみられましたか?


GOO新星堂商品部 コスメグループ 運営企画チームリーダー森島様より

RCK-1で指示や報告を一元管理できるようになりました。

指示作業にかかる時間は、報告集計まで40分かかっていたところ、10分削減されました。

毎指示10分削減されるのは、とても大きな効果だと思います。

報告済み・未報告の店舗数が自動集計され、一覧で確認できるので便利です。

 

今までの指示実行率は49%ほどでしたが、現在は89%まで徹底されています。

売り場づくりをしっかりできるようになったので売上アップにも繋がっています。

話題性のある商品にも、タイムリーにしっかりと対応できるようになりました。

ゲームコーナーでは、エンド展開している予約の案内が、

新しい予約情報が来る度にすぐに切り替わり、予約獲得数がアップしました。

集計が大変だった売り場コンテスト(コスメでは4回/年)は

システム上ですでに各店のディスプレイが一覧になっているので、集計の必要なくメーカーに渡せるので楽です。

 

また、従来であれば店舗は 指示確認⇒売り場作成⇒撮影⇒PCにアップ⇒メール報告 と30分かかっていたのが

RCK-1では 指示確認⇒スマホで撮影⇒その画面のままアップ と10分もかからず対応できるようになりました。

各店は多店舗の報告も確認できるので、好事例を横展開できるのがとても良いです。

GOO新星堂商品部 コスメグループだけでも、導入後次のような人件費の削減ができたのです。

1-1

お芽出頭御財増す

Posted by 劉 桂栄 on 2018年1月1日
Posted in イベント・セミナー 

明けまして、お芽出頭御財増す。

今年もよろしくお願い致します。

私達は変わらず、お客様・従業員の「価値創造」の実現することを約束します

新年はがき(再度修正)

 

 

 

 

 

 

 

 

平成30年は弊社の16年度の新年となります。ここで新年のご挨拶をさせていただきます。

■中国ITに学び!働き方改革から考える

ジャンガ・テックの新製品の誕生「JAICA」

「JAICA」は世界No.1を誇る中国で広く導入されている顔認証技術をベースに、JANGA社が研究開発を重ねて誕生した顔・文字・音声識別する製品です。同製品はPC、タブレット、スマホなどデバイス上で稼働可能であり、ビル・施設等の入退場管理、企業の受付・入場、エンターテイメントなどの分野での顔パスでの入場に活躍可能。同時に、生産性向上・セキュリティ強化にも役立ちます。

“JAICA” is the latest artificial intelligence product of JANGA Corporation. “JAICA” can do Face Recognition, OCR, Speech Recognition, and can run on PC, tablet, smartphone  etc. devices.  We can be used for the management of Enterance(Gate) of the  buildings or Entertainment area, Attendance system of Enterprise etc. It can not only  improve the work efficiency but also strengthen the security level.

「JAICA」とシリーズ製品「MMS」以下の製品を統合した、新たなサービスが誕生しました。2018年より、AIを活かした製品サービス、AIを活かしたスマートなアプリ開発で皆様の「働き方改革」「生産性向上」に貢献させて頂きます。

 また、「スタッフマネジャー(SMS)」や「本部指示100%徹底リアルチェックK-1」「小売業CRM J-COMs」などを強みに、企業におけるAIやIoTのさらなる活用を推進し、品質・生産性の向上や働き方の改革による競争力の強化に貢献していきます。

 ■AIを活かした特許の出願

AI研究チームSE達の懸命な頑張りのおかげでAI技術の5つの発明ができましたので、その特許を出願しております。

今後も引き続きAIの研究やITの発展に取り組み、企業の皆様のITをAIで統括し、「働き方改革」「生産性向上」にもっとスマートなアプリ開発に万進させて頂きます。

本年度も皆様のより一層のご支援ご鞭撻を頂くようお願い致します。

2017の振りかえ!また良いお年を!

Posted by 劉 桂栄 on 2017年12月28日
Posted in イベント・セミナー 

2017の振りかえ!また良いお年を!

もうすぐ去っていく2017年を振りかえてみると、私は相変わらずいろいろな刺激を受けた一年間になります。

  • AI研究チームからの刺激

私自信もいつも言っている言葉があります。「我々進化しないと未来はありません」
この時期にいくらいいものであったも、他の時期になったら、必ずいいものとあり得ないし、また環境が変ったら、いいものと言っても、役に立たなくなりかも知れないです。

役に立たなくなる前に進化していくこそ、未来があると信じしております。

その中、今年9月から、ジャンガ・テック本社も本番的に「AI人工智能」を研究開発を着手し、その後の11月がAI人工智能を活かすビジネスモデルの発明を五つも特許を出願しました。

人工智能の話は歴史的にも長いですが、本番にすべて業種に適用する、或いは活かすことから見れば、来年になるでしょう。

「経済産業省は、2018年春をメドに中小企業のIT(情報技術)を活用した生産性向上策に乗り出し、13万5千社の利用を想定し、17年度補正予算で、「IT補助金」向けに500億円計上する。ITの導入や企業の収益性を高めるよう促す。」のこことで、来年に向け早々にITに関していいニュースになったと思います。

また、ジャンガ・テックは今年もプレスリリースした新製品があります。それは顔認証システムです。9月から本社の本番研究開発で、10月から導入者もありまして、新製品を信用して頂き、導入しただけで、感謝しますが、逆にお互いに感謝し合っています。これは本当に進化を求めたお客様から刺激を受けています。

利用者の喜びを得られないと、また利用者のノウハウを吸収できないと、本当意味のいいものになりません。また、他人のちょっとしたヒントから大きな飛躍できる力、これも時流を読めるお客様のお陰様で形になったり、実績を創ったらします。何時も我々を育っててくれたお客様に感謝します。毎度この師走の季節に、もっともっと感謝する気持ちが湧いてきます。そして、新年のご挨拶アポでまた充実した日々になります。

  • 社員から刺激

本日は社内の皆さんが大掃除をしました。大掃除でも一生懸命してやっている従業員の姿をみて、なるほどなぁ~と感動しながら、自分も反省することがいっぱいあります。プロジェクト開発に参加しているSE達、サポート運用、ASPサービス運用のメンバー達、一生懸命にマーケティングをしているメンバーの皆さまから、みんなよりいろいろな刺激を受けています。一番早く出社の社員は何と存続9年9月になります。これは、一度も誰かに負けったことがないようです。自分も出来ていないと反省しながら、敬服しています。このような社員がいてくれて、幸せいだなぁと、私はいつも思っています。また、私も思いつかないところまで考えてくれている社員、言おうと思ったことを、何時か聞いたら、もう既にやったと言ってくれている社員たち、何時も心から感謝して、また嬉しいです。

また、いろんな経験、試練を受けったこの半年、大変の中に、有難たい気持ちは変わっておりません。

  • 忘年会

悪いことを飛ばす、いいことを来年に引き続き、賑やかな忘年会はもちろん皆さんの意見でやりました。今年の忘年会のイベント担当者は石井さんで、『ビンゴゲーム』を考えてくれて、なんと、今年、一番ビンゴになったのは私だったのです。また、その景品もなんと1番目のものだったのです。皆さんのプレゼントの交換もとても楽しかったようです。

2016の7月から、帰社日のイベントは担当責任者がやるようになりました。今までやってきた担当者はみんな特徴があって、社員のコミュニケーションも活発になった気がします。

今年のイベントの中ではこんなイベントもありました。「リモコン車ゲーム線」です。ゲームになったら、一番下手な人は大体が私です。若者にゲーム知恵を学べますからね。

写真はゲームの受賞者たちの皆さんです。何時も仲良く頑張った皆さんはただ仲良いだけではなく、ものことを自らが考え、行動できる皆さんです。このような仲間と一緒に働きができるのは、幸せなことです。

IMG_8958

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大掃除

そして、残った最後の仕事は大掃除でした。

皆さんは男性女性関係なく、掃除するときに、

結構プローな感じ、隅から隅へ、

元々きれいなオフィスはもっときれいになりましたね

一番出したゴミと言ったら、怒られるかもしれないが、相変わらず、

日経ビジネス、日経コンピュータなどビジネス関連な週刊誌でした。

整理しながら「日経ビジネス」1月がこう書かれたけど、

12月の時点には、こうなったなあ~と感無量! 

  • 納会

本日はお掃除後、大きなピーザ、から揚げとビールなどで納会を行ないました。もともと納会は29日で、昔からお酒が好きな皆さんのためでした。お昼から夜中まで飲めるから。近若者が増えて、尚且つお酒がほどほどのため、今年からは28日に納会することになりました。やっぱり飲めるよりはゲームの話がもっと関心があるようです。

  • 初読書

2018年の初読書といったら、マイケル・マスターソンが著作した「社員を動かす社長のカリスマ仕事術」を決めました。いまさらなんで、と思う方がいるかもしれないですが、

社員たちは自ら動いてくれるので、動かすより、社員たちにもっともっと希望を配るできる社長になりたい気持ちが強いです。

そして、この本から、きっといいアイデアとヒントを見つけるでしょうと。

それでは、良いお年をお迎えください❣️❣️❣️

従業員の皆様

本日は、ジャンガ人として、嬉しい日です。

それはジャンガ・テック創立15周年を迎えました。

ジャンガ・テック女性活躍も、同じタイトルで更新しているようで、ご覧ください。

何時も社内に響いて言葉があります。 「素直、勉強好き、向上心」 これは、船井総研の教えでもあります。 ジャンガ・テックのビジョンにこちらの教えを足していけば、勝ってるものと信じております。

責任を持つ、情熱の行動でお客様の「付加価値の向上・満足度の実現」のために働くとのビジョンですが、いつまでも変わりはありません。

お客様の付加価値の向上を提供できるノウハウ、スキルの磨きは、最終的にお客様の満足度に繋がるものと信じております。

付加価値の提供、色々なことがあると思います。

最近では、働き方改革との話は国から全面的に出しているし、各地に各業種も関連のセミナーも盛んでいます。

負けないように現システムにAIなどの取り込みで、お客様の働き方改革にも支援させて頂きたいです。

生産性の向上、効率化を目指すことはITの手段を離れたら、なかなか実現しにくいものかと思います。働き方改革に繋がるものは次の三つです。

①業務の簡素化→クラウド化

②見える化→共有化

③効率化→仕組化

この三つができれば、生産性もアップができます。

実はすべてITと関連してから実現できるものと思います。

また、日本の国の政策も、中小企業にクラウド化に対していろいろな支援制度があります。

ジャンガ社のすべてクラウドサービス製品が対象になります。

働き方改革について、もう一つの大事なことは社員のスキルとやる気です。

どんな業務でも、業務スキルのレベルで、生産性の向上のレベルにも繋がります。勿論仕組なども大事ですが、

船井総研が毎年、全国企業に対象で、無記名の形で社員の満足度を調査しています。

次の画像は2016年度の年末に調査したジャンガ・テックの社員満足度のデーターです。

このデータを見れば、お分かりになりましたが、社員満足度総合得点は平均値に大きく上回っています。

船井総研の調査で社員満足度の平均値は66.4点に対して、ジャンガ・テックの社員満足度は79.5点を取りました。

平均値より低い項目は「自己目標」です。

というのは、ジャンガ・テック「自己目標」より、チームワーク、組織を重視する傾向が強いと思います。

個人の力に頼れないことはジャンガ社のもう一つ特徴かも知れないですね。

IMG_6540

 

 

 

 

 

 

 

15期の決算書では

経常利益の数字から見たとき、確実の成長がありました。これも、ジャンガ社のITサービスをご利用しているお客様のお蔭様で成長しています。また、株主のお蔭様で我々が成長した分もあります。

前回は株配当もしましたが、今年はそれ以上のいい数字の決算ですが、株主の優しい気持ちで、今期は会社内部保留の形で決定しました。

お客様に感謝!利用者に感謝!社員に感謝!株主に感謝!感謝感謝無量!

決算の数字の成長は「従業員の成長」でもあります。その成長の中に社員の1人1人に聞きたいものです。仮に1人1人が15%成長できたら、会社は何%の成長になるでしょう。会社の成長に貢献してくれた皆さん、有難う御座います。また、貢献できていないと思っている皆さん、あなた達の成長は16期に貢献することは間違いはありません。引き続き成長になってください。

会社に貢献はイゴール、社会に貢献の一つになります。

2017年は第二創業期(10年一創業期)の第5年目に当たり、既存の顧客向けサービスの顧客満足度を高めると同時に、新規開拓にも力を入れてきました。特に、小売業マーケティング・明細電子化支援・IoTサービスなど、お客様に沢山の評価を頂き、お客様の業務、マーケティングに役に立っている喜びの声を頂き、その喜びを授業員と一緒に味わうことができました。

2017年は第二創業期(10年一創業期)の第6年目は「働き方改革」の年でもありました。この改革は日本の今まで世界で、生産性の低い国として位置したことから、生産性の向上にも繋がると信じております。

生産性の向上は先に授業員の勤怠をしっかり管理し、次は業務の簡素化を目指すべきだと思われます。そうすれば、ジャンガ社のクラウドサービス14年間にも渡ってご利用しているASPサービス「スタッフマネジャーサービスSMS」がもっと活躍できるはずです。80以上の機能中に、もっとも人気サービスは、勤怠管理給与明細電子化WEB請求管理、WEB見積管理、人事管理、人事評価、人材派遣管理を挙げられます。

また、本部と店舗の間に100%徹底したコミュニケーションツールとしてのIoTサービスも多店舗、多支店、多拠点の皆様に愛用されて、ただ3ヶ月で店の実行能力を30%から90%以上に達成でき、また「販売革新」のRCK-1のご利用しているお客様のインタビューまで掲載られて、全員がすごく感動している雰囲気も今年が味わうことができました。

最近、400以上の本部指示100%徹底のIDを求めているお客様から、三つの新しい機能を要望したところで、ジャンガのシステムエンジニアたちが、なんと3日間で実現してあげました。

スピード化もお客様の満足度をアップできますね。

このように、お客様の喜びをジャンガ社の更の成長の動力になって、またジャンガ社のチャンスとして、小売業、飲食業、いろいろなサービス業の皆さんの「働き方改革」に貢献していきたいと思っております。

お客様に沢山の評価を頂き、「店の実行率が30%から90%になった」と聞いた時に、皆さんが興奮して、最高の幸せを味わった瞬間もありました。

その幸せの中に、現有のシステムを強化しながら、ASPサービスの再強化、社員一同の「夢と感動」を作っていただきたいと思います。

過去の代表「決算書」、決算書には会社の資産としての数字が書かれていますが、我が社の最も大きな財産になっているはず資産はその決算書のどこにも見当たらないものです。

未来資産従業員の皆様です。決算書の資産は過去の数字だけです。しかし、人材の資産は活き活きしていき、伸びるものです。この資産があるからこそ、我が社はどんどん伸びていくと確信しております。ですから、人材は最も大事な資産だと思っております。人材資産、良い仕組み、良いスキルの上で、計画通りにステップ・バイ・ステップで運営していけば、わが社はきっと大きな発展を迎えると確信しております。

また、今まで、事業の基礎をたてることであり、また、経験と知識を積み重ねて、会社の運営方針をしっかりしながら、戦略・戦術などを模索したり、見直したりする時期でもあります。 ですから、2017年度の15期は模索・悩みの時期でもありました。

サービスのご利用している方々、取引の皆様・協力会社の皆様のお陰様で、また従業員の皆さんがいるから、更に、お客様のわがままのご要望で、いろいろな役に立つ経験を蓄えることができたと思います。わが社の今後の発展に必要なエネルギーを蓄積することができました。

これからも社員の皆さんの知恵と行動をお借りして、もっと加速してジャンガ社を発展させて、社会に貢献でき、

・従業員の皆さんの頼りになる会社として、

・もっといいサービスを提供できる会社として、

・取引先のもっと信頼できる会社として、

・協力会社の最適パートナー会社として、

取り込んでいきたいと思います。

是非宜しくお願い申し上げます。 皆さんご存知の通り、わが社の経営の目的は以下の三つです。

1.豊かな生活の応援 二種類の意味があります。一つは経済的、もう一つは精神的です。報償をできるだけ大きくするのが会社一つの目標ですが、人間だけにある精神的な豊かさは最も大事だと思います。なぜならば、労働さえすれば対価としての報償はどこの会社でも貰えるからです。しかし、自然な職場の雰囲気と技術環境はどこでも貰えるものではありません。ジャンガ社は皆様の人間性のある精神面の豊富さと経済面の豊かさを支援いたします。

2.個人実現の支援 自己実現の欲求は人間の最高の欲求であります。ジャンガ社は社員1人1人の自己実現欲求を尊重し、できるだけ実現できるような仕事場を作り、ジャンガという舞台を通じて実現できるように支援いたします。

3.社会への貢献 情報サービス産業は、スマホ、インターネットが示すように、世の中にしっかり根付き、一大産業として経済社会の発展とはもっとも切り離せないものとなりました。企業の発展と人々にゆとりある生活を提供することは価値あるものです。 ジャンガ社は最良のシステム開発とベストのサービスで社会の発展に真心を持って尽くす会社を創ります。

◆個人としては、追求しなければいけない二つの追求があると思います。

上の図形のようにこの二つの追求はどちらでも情熱が入っております。情熱があるかないかは意外に人生は大きく違ってきます。「情熱」のある人は何時も「疲れを忘れ、感謝を忘れず」に頑張るタイプです。我が社の従業員は一人一人が情熱を持っていると思います。その情熱が我が社を支えていきます。これからも社員一同その情熱でがんばっていきたいと思います。

2017年の3月末まで、従業員の皆さんは業務計画書を提出しました、これから9月末まで計画書を提出しなければなりません。こちらは全部ASPシステム上で会社に申告、申請になります。会社は申告書と計画書によって、面接も行なわれました。

我が社の従業員の皆さんは自分が優れた点とまだ足りない点が何であるかを、よく分かっていると思います。優れたものを活かし、足りないものをがんばって補充し、2018年度の16期に充分な充電をして、創造力のある、行動力のある一員となり、そして今年は去年以上に顧客満足度を頂き、会社に貢献できますように期待します。

我々自分の手で創り上げた成長期を迎えた時、その「夢と感動」を味わった時こそ、成功感と幸せを得られます。 仕事の貢献の対価としていただくものは給与、また、会社のために、自分の知恵・能力・考え方等を情熱で真面目にがんばって、貢献していた熱意対熱意の保証としていただくものは賞与だと思います。

第16期に「給与と賞与」について全員が努力し、対価のアップを目指していきましょう。情熱を仕事に向ければ、自然にいいアイデア・いい情報・いい考え方・いい案件を会社に運んできます。そして、情熱で元気になり、結果になり、成功と幸せを得られます。

情熱・熱意というものはインターネットと同じで国境がないものです。

どの国でも同じように頭がいくらよくても聡明でも、もしその人が目の前にばかりを注目をしたら一生成功できないし、幸せもなかなかつかめないものと思います。目の前のを損失を計算したら、逆に失うものも多くなるでしょう。

その代わりに非常に平凡に見られる人はよく成功できたし、幸せもつかめている方が大勢にいます。 それは何故でしょうか?

答えは三つあります。

①いつも情熱・熱意をもって行動する。

②何時も感謝の気持ちでお客様、上司、同僚、部下と接している。

③何時も社会のため、他人のため、そして次は自分のため、真面目に行動している。

この三つは我々の成功と幸せを左右するもの、従業員の皆さんもいつまでもこの三つを失ってはいけません。 最後に、従業員の皆さん、我が社の社風を思い出して下さい。その六つの力は我が社の創業人財像でもあります。社風は我々一人一人社員の行動で創り上げたものです。

先輩の行動は後輩の模範として、ロールモデルとして行動してほしいです。 「2018年の第16期」には皆さんは我が社の運営方針・企業ビジョン・経営目的・社風・信頼関係などを忘れずに一体感、情熱満々でがんばっていただきたい、最後は今期の成長目標を達成するように頑張りましょう。

みなさん「夢と感動」は自分の手で創っていきましょう!

創業16周年に向かって、働き方改革・女性活躍で企業を成長させましょう。

どうぞよろしくお願いいたします。

株式会社ジャンガ・テック

代表取締役 劉 桂栄

208a0d16-cd37-42de-8b94-5414dc9b97fd

働き方の改革の根本は生産性の向上!

Posted by 劉 桂栄 on 2017年8月25日
Posted in イベント・セミナー 

本日まで船井総研91回経営戦略全国大会にて、2日間をしっかり勉強させて頂きました。
業種を超えるビジネスの成功事例が刺激的です。
アイデアとスキルを統合し、新しいビジネスを生まれる可能性をよくよく考えていかなくちゃと実感しております。
また、もう一つの言葉はものすごく響きました。
それは、人材不足の中に採用、教育、定着のプロセスと成功した企業の対応仕方です。
これから整理して、また、ずっと考えていたことをどのように実行していくかを計画してみます。
また、計画より直感と言われたが、直感があって計画しないと思いますね。

もっと、刺激と同感と思ったのはピョートル氏の講演です。
「多様性の面で常にユーザーを上回るべきという話がありました。女性や外国人などについても、目に見えない多様性も意識すべきです。」なども同感がありまして、敬服しております。
『私は20代の女性だから、こんなことはやらせてもらえない』といった具合に、偏見の下に決めつけてしまうのは、よくない。挑戦、そして摩擦は、成長やイノベーションの源になるからです」という文面が経済産業省のホームページにあったが、まさか、我々実行したことの再度検証できたと実感しております。ちょっとワクワクしました。

色々なテーマがありますが、やはり今の労働者の不足の中、「働き方の改革の根本は生産性の向上」これはは、本日船井総研のIT経営研究会では、斉藤様が纏めた一言です。先に生産性を向上しないと勤務時間を短縮したら、必ず業績の悪影響を与えると思います。

生産性を向上、クラウド化、これから企業に対して、欠けたらいけないだと思います。

生産性の向上ソリューションをご紹介します。次をアクセスし、チェックしましょう。

  

20170102011

本部指示100%看板

笑顔があるから、 16期まで歩んだ!

Posted by 劉 桂栄 on 2017年8月1日
Posted in イベント・セミナー 

いいことがあるから、いい顔をするのではない。

いい顔をするから、いいことがある。ということで、笑顔前向きで、本日より16期を迎えました。

今年は、千葉では梅雨があったか?と疑問で、あまり雨が降らなかった割に、29日社員バス旅行の日、急に降られたこともありました。

また、同時に猛暑が続いている毎日、 皆様はお元気にお過ごしでしょうか。

弊社は7月決算期で、今期は15期の決算になります。
15期までの歩みは大変と思いながら、実は楽しいことがいっぱいがありました。

「一番楽しいこととは」、と聞かれたら、やはり「お客様に役に立つところ」です。
ジャンガ・テックは次の来期の目標ビジョンの確認の管理者研修会は9月行う予定です。

この15年、普段の仕事、日常の生活を含んで、全て順調するとは有り得ない、

どこかで違う考え方、違う見方、或いは違う方法でその問題を解決するかなどなど、

兎に角、世界は同じ葉っぱがないように、人間も同じ頭の人間もいないでしょう。

違う相手にどのようにに対応するのはすごく大事なところですが、

実は、問題に対して笑うことができるのは実に魅力があり、

笑いが精神を進化させることで、責任を背負う強さも現れます。

15年間は怒る時に真剣に怒るのですが、やはり笑い、笑顔を忘れずに、何かがあっても、強く背負ってきました。

決算も14回目ですか、定着、充実、信頼、信用、能力が備わった証左ですね。おめでとうございます。良い決算を・・納税もお願いいたします。」 と、第14期が頂いたお客様のメールをふっと思い出しました。

「定着、充実、信頼、信用、能力」が備わった証左」まで評価して頂き、本当に有難い気持ちいっぱいです。この評価の元で、昨年より今年はもっと実績を残りたい気持ちが強くて、どうしてもお客様からのお言葉を忘れられないものです。勿論、実は厳しい言葉もたくさん頂いて、我々の技術を磨いております。

実は、経営者として寂しいものです。

例えば、今回の決算で増収増益の目標を見事達成できましたが、

従業員に対して賞与を払ったのですが、自分には何もありませんね(涙)

だが、それでも、経営者は従業員に対してできれば、もっと沢山の賞与を払いたいものですね。

また「15期決算おめでとうございます。めまぐるしく変わるIT企業の中で
勝ち抜かれてきたことに敬意を表するとともに、心よりお祝い申し上げます。」15期の時に頂いたメールです。

皆様は、ジャンガ・テックよりはるかに歴史があり、大きな会社の経営者ですが、その「謙虚さ」に私が心から敬服します。このような輪の中に、私たちも成長しなくてはならないものです。

お客様の要望はわがままです。このわがままを精一杯対応する力を育てていけば、強い企業になると確信して、笑顔、笑って、16期まで歩んで来ました。

感謝すべきはお客様の育て!

感謝すべきは従業員の努力!

感謝すべきはリーマンショックの時に、自ら「給与を下げってください」と言ってくれた社員!

感謝すべきは企業立ち上がった時から、ずっと付いてきた仲間たち!

宇宙万物にも感謝!勇気と笑顔をくれたこの環境にも感謝感謝!

まだまだ、常に笑いながら、進化していきたい私をご応援するほど宜しくお願いします。

次は、先日バス社員旅行するときの写真です

わが社は20代の金の花が7人います。

スキルも高いし、企業の皆さんに生産性向上させる、収益アップさせるため、常に頑張っております。

IMG_4590

IMG_4797 IMG_4794

IMG_4702IMG_4698IMG_4677IMG_4670IMG_4655IMG_4653IMG_4636

IMG_4790

代理販売調印式

Posted by 劉 桂栄 on 2017年5月12日
Posted in イベント・セミナー 

1705151

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日大販売調印式を行いました。

これは、2月北海道より、第2社目になりました。

また、「販売革新」雑誌のジャンガ・テックのサービスをご利用者に生の取材声後の契約で、

きっといい実績を作れると期待します。

今回の調印は、愛知県名古屋から来ていただいた石田様と行なわれていました。

石田様は、日本だけではなく、中国にも拠点を持ちながら、ビジネスを拡大しております。

今回弊社の三つのサービスを代理販売し、市場を拡大する予定です。

三つのITクラウドサービス製品は次のURLよりご確認ください。

①本部指示100%徹底「RCK-11」:http://janga-group.com/?page_id=1018

②人事人材管理クラウド「SMS」:http://janga-group.com/?page_id=1299

③小売業CRM「J-COMs」:http://janga.co.jp/coms/

この三つのITサービスを全国及び中国まで、拡販する勢いで、本日、調印式を行いました。

ジャンガ・テックは今年から連携しながら、市場を拡大していく予定で、目標は三社です。

三社の目標で、これで後残り一社です。 頑張ります。

お互いの強みを発揮できる時代には、これこそ相乗効果が出ると確信しております。

今の時代は、表情に情報を取りやすい時代になってきました。

このような時代では、企業の大きさで物事を判断することが無くなったと思います。

IT企業の場合はもっと、この辺でははっきりします。

また、企業はITサービスを選ぶ基準も違ってきたように見えます。

第一の基準は適用性があるかどうか

第二の基準は生産性がアップできるかどうか

第三の基準はコストダウンの実現できるかどうか

勿論、ITサービスですから、セキュリティが万全の上の話ではないと話がならないと思います。

ユーザ自らの選びと、第三者の推薦で選び方もあります。

そこで、リソースを持っている皆さんのご協力で、相乗効果を求めます。

これから、楽しみにしております。



20170102011

また、ユーザ取材記事ですか?

Posted by 劉 桂栄 on 2017年4月27日
Posted in イベント・セミナー時流IT 

皆さん、おはようございます!
皆さんに報告したくて、アップした二枚写真のことを。
今朝、朝一の郵便物はこの「販売革新」の月間誌です。小売業チェーン店の経営者によく読まれている雑誌です。

私が一番注目したのは雑誌の中に載せた一通記事です。ジャンガ・テックの開発サービス提供しているクラウド型IoTサービス「本部指示100%徹底」RCK-1を導入しているお客様に取材記事でした。

中に記載させていた「本部指示100%徹底RCKー1導入事例ですが、導入したチェーン店様より、運用にいい評判させているようです。嬉しいですね。取材記事を読めば、自分でもあまり知らない領域まで活躍してるようでした。自分にも勉強になります。

ユーザの皆さんもありがとうございます。
またご利用社様からのご紹介で、プレゼンテーションを二回ほどできて、感謝します。残りのは今後新たな企業に貢献していくため、精進することです。

ビジネスはお互いにメリットあり、お互いの強みを発揮し、協同精進することです。このITの飛躍時代にこの協同精進があるこそ、強くなるはずです。

代理販売店募集中!
今後ともに、よろしくお願い申し上げます。

1704271

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



20170102011