「大」と「小」

このようなものはあらゆる場面でみられるものです。

例えば、

・「大企業」と「小企業」

・「大家庭」と「小家庭」

・「大きな国」と「小さい国」

・「大きな人」と「小さい人」、ここでは「大人」と「小人」と違う意味をしています。

大きな人は胸が大きくて、広い目でもの事を見て、行動を取ります。

小さい人とは、背が高くても、胸が小さい、目の前のものを見ることで、行なった行動も変しか判断できない行動したりします。仮に周りに迷惑を掛けても、或いは、自分の目的を達成するため、会社の損にしても、その変な行動をとることです。このような人間を会社の重役を置いたら、実は企業に危ないものです。