Header image alt text

劉 桂栄_ブログ

モンゴル人IT業女性社長

避けたらいけない

Posted by 劉 桂栄 on 2020年3月28日
Posted in 社員動機 

「避けたらいけないことは何でしょう」と質問したら、

どのような返事を戻ってくるでしょう?

避けたらいけないことの例を挙げたら、何か挙げられるでしょう?

いろいろあると思いますが、 私から挙げて貰ったら、

分からないこと、怖いこと、嫌なこと」を挙げます。

この三つのことを避けたら、人生は逃げる道しか走らないことになります。

・考え方が間違った逃げる転職さん

何か、転職を好きな人がいますね。

何かあったらすぐ辞める人は、次の転職会社に面接する時のイメージしていきます。

面接官は応募してきた求職者に質問に対して、

だいたい次のような会話で流れていきます。

「なぜ?転職が多いですか」に対して、

「スキルをアップするため」とか、

「キャリアをアップするため」とか、このような答えるのは多いですよ。

このような方々がどこでもよく使う言葉ですが、

実はスキルアップできる方々はどこで勤務しているがあまり関係ないではないでしょう。

責任から逃げる転職さん

もっと、ひどいことは、「1回目の転職理由は?」に対して、

「会社倒産したから」、「え~」しか返事できません。

なのに「2回目の転職理由は?」と聞いたら、

「あの会社はちょっと危ないとか、ちょっとおかしいとか」と答えてきます。

「経営が厳しいですかね?」

「なぜ?一緒に乗り越えようと思わないのですか?」 の質問に対して、

「その会社を嫌になってきたからです」

「どのようなところに嫌になったの?」 と聞いたら、

「あの会社は社風がダメですとか。」

社風は社員の皆さんから創られたものでしょう。

責任転嫁をしていく従業員が多くいればいる程、いい社風になるはずがないでしょう。

「あなたが入社したら、弊社の社風も変わるかもしれません。

弊社はあなたのような「ジンザイ」を採用できません。」と率直に伝えたら、

「御社の環境であれば、スキルアップができますので、一生懸命にやりたいです」と言いつけてきます。

「スキルアップは環境と関係はありません。個人の考え方と行動と関連しているものです。

考え方が間違ったら、弊社もどうにもなりません。申し訳ない。」と話を切ってしまいます。

「スキルをアップするため」とか、

「キャリアをアップするため」とか

このような言葉は、実は人材教育をやっている企業はよく使う言葉ですが、

転職さんもよくこのような言葉を借りていますね。

日本では、一生で三回以上転職したら、習慣転職さんになるそうですか、

以上のような転職さんの場合は、習慣転職ですかどうか分かりかねますが、

でもいくら見ても、このような転職さんは逃げる派ですよね。

・「分からないから怖くなって逃げる」

きっと前職では「分からない」ことが多かったと思います。

分からなくて、そのままいっていれば、いつかばれると

「怖くて怖くてしょうがない心理」を活動して、最終的「逃げる道」を選んでしまう。

このようなタイプの転職さんは3回以上になれば、習慣性になってて、

変えようと思ったら、相当難しいです。

私も変えようと思ったですが、でも、採用したらやはり失敗例が多いです。

次の絵からの感想です。

考え方が違ったら、大変苦労しても叶わないものですよね。

IMG_4788[1]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー=ーーーーー

内側から破ってほしい

Posted by 劉 桂栄 on 2020年3月19日
Posted in 時流IT 

「採用難」というテーマはマスコミが多すぎるぐらいで報道しています。

人財維持も困難になっているこの時代はどう向き合っていくでしょうか?

次のデーターは男女離職率のデーターです。安定しないのは現実ですね。

その中、今年新卒の大卒業生1名を入社決定しています。今年が入ってから入社2名で、新しい血液を入れ替えているかなぁと思っております。

2名の入社するために、何十人を面接してきたこともありまして、面接しながら、「こちらのタイプは内から?或いは外から?どっちから割れるでしょうか?」と自然に考えてしまいう私。

それで、これを一生懸命に分かろうと思って質問していくわけです。

大体印象から、こちらの方は内からと思ったら、質問に対しての答え方からもそのような感じであまりの外れはありません。

印象から分かると、実は結構当たるようになっていると実の経験から分かってきました。社内に安定して、永く来てくれたメンバーは大体一回面接で決めたメンバーです。

どうなるかなぁーと思いながら、何回も面接した結果の皆さんはほとんどに残っていないかなぁーと結果です(笑)

メディアでもよく言っている「ミスマッチ」ですが、ミスマッチと関係なく、本人次第でいい人財になるケースも多くいます。

本来は事務で応募してきて、一発面接一発採用になったものも事務から立派な営業として成長したものもいます。お客様の信頼を生まれた営業マンになったわけです。素敵ですよ!その成長は。

また、有名大学数学の卒業生が、システムエンジニアとして入社、お客様の売上、競合他社よりお客様を守って、売上アップの支援した時から、お客様に喜んで貰えるのは、はやり売上アップとの視点から、営業マンに成長したわけで、沢山のお客様に喜ばれてもらっているわけです。素敵でしょう。

ミスマッチなんかと関係ありませんね。人材は人財になるわけです。

また、ミスマッチとは、お互いに正直になってないではないでしょうか?

求人者はいいことだけを紹介して、応募者もうまいことだけ言ってしますとか、よくあるではないでしょうか。

「卵は内側から破った時、生命の誕生

卵は外側から破った時、食べ物になる」

正直に、言葉の通りに、主体性を持って行動する方は、入社してから、或いは試用期間で正しい判断ができるものです。できなくても、行動して、失敗していけば、いくいく内に他人に役に立つ人間になります。

こちらは、先日に面接の時の対話です。

38歳の方ですが、働いた企業は5社以上もあります。

普通三社以上であれば、書類選考で落とすものですが、

今回は、一つ興味深いところがあって、面接をしました。

そして、今までの会社はすべてダメの言い方でした。

ならば、内側から反省しないままでいくつになってもいくら才能があったとしても、採用までは難しいでしょう。

「内側から破った卵になってほしい」の期待があるから、期待して面接ですが、「ダメはダメですね」との感想になりました。

卵は内側から破った時、生命の誕生

卵は外側から破った時、食べ物になる

自ら行動し、自ら変わろうとすれば、更生できます。

人生も素晴らしい人生になるはずです。

逆にずっと言われてから行動するとか、教育しても変わらない者に対して、

弱くなっていく一歩です。仕事がないのは当たり前でしょう。

明るい未来は自ら行動できる人に準備しているもの。

行動しましょう。自分の幸せのため!

今年の入社生の皆さんにも、「内側から破って更生してほしい」と、

JANGA人の皆さんが大いに期待しています。

そして、三年後の自分をイメージしながら、素直に真っすぐに成長してください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

WEB給与明細はこちらへ https://janga.co.jp/content/mobile_bill.html

自分の運命は自分しか変えない

Posted by 劉 桂栄 on 2020年3月9日
Posted in 社員動機 

3月はジャンガテックの年2回目の面接時期に当たります。面接する前に「自己申告書」「業務計画書」を事前提出するものです。

自分の運命は自分しか変えないもの!

初心者の時と今の自分と比べてみましょう。

不満が増えていないか?言い訳も増えていないか?

また、素直に吸収できているでしょうか?

自分のスキルに満足していないか?

不満が増えれば、感謝の気持ちが無くなっていく。

不満のある時点で感謝の気持ちは減っていくはずです。

感謝の気持ちを保つため、先に不満より自分を反省しなさい。

それは成長の原点です。

また言い訳を言い出したら、逃げる道を捜すしかありません。

言い訳は習慣になったら、成長は止まるはずです。

また、言い訳は改善方法の思考力を防いで、いい案があっても、受けることができなくなります。

そうなったら、現実的に自分の現状は何も変化しないままで、時間だけを流れていきます。

言い訳が出ることは、自分に対して不平と感じる場合は多いかと思います。

不平と思っても、立場を変えて、角度を変えて、見たとき、どうなるでしょう?

実は、多くの人は現状を変える能力を持っているが、しかし現状を変えようとの習慣を持ちたくないのが現状です。

少し少しでもいいから、主体性のある行動習慣を身に付けていけば、誰でも、変えようと思ったことを変えられるはずです。

自分の夢を他人に預けてはいけません。夢に向かうのは自分しかありません。

他人はこうなっているから、自分もと思ったら、自分の思考力が停止状態ではないか、ともう一度確認した方がいいとおもいます。

違った考え方から違った行動で違った将来を生まれてくるから、自分の運命は自分しか変えないものです。

コロナウイルスで、外出、集会など自粛し、自分の時間が増えているではないでしょうか?ある意味では考えるいい時期でもあります。自分の考え方、思考はしっかりして頂きたいです。

Only myself changes my destiny

私自身も色々に考えて、しっかり企業の方向性、一つ一つの業務のプロセスは合理的かどうかを常に考えて、チェックしなければなりません。また、最大的に人財を活かしたいとそのスキルを磨いていきたいなと思いますし。

自分はスキルが足りないと思いながら、心のどこかで焦ったりしていました。しかし、両親が隣に5ヶ月いたお陰様で、見えたこと、聞いたことは私の鏡になりました。いつでも穏やかにものごとをおこなったり、穏やかにチャレンジしたりしている両親を見て、人生は年ではないと思いました。いくつになっても、磨きの時は磨き、チャレンジの時はチャレンジしていけば、運命も違ってくるかなぁと実感しております。

今期の面接にも、この心境を持ち、外部より内面的に変わろうとの力を大切にして、面接をおこなっております。

Only myself changes my destiny

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

WEB給与明細はこちらへ https://janga.co.jp/content/mobile_bill.html

成功は感謝のある方に、準備のある方に

Posted by 劉 桂栄 on 2020年2月26日
Posted in 社員動機 

次は先日、スピーカした時、録画してくれた方がいらっしゃったので、
ここで共有致します。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1525778697563105&id=100003929677516

「感謝の心が高まれば高まるほど、それに正比例して幸福感が高まっていく。」
__By経営の神様 松下幸之助。

お世話になっている方に対する感謝の気持は、

人の心を豊かにしてくれるんです。

協力が非常に強い組織とパートーナがいれば、相乗効果が何倍でも。

各自の強みを発揮することと、最強なパートナシップの構築することで
未来の世界に勝ち抜くことができるはずです。
それは、私も結構悩ませているところです。

上手く協力し合うことができることは、

お互いの感謝の気持ちがあったこそ、

お互いにその気持ちが伝わって、伝われて、

上手く一つのことを上手く取り込むことができると思いますね。

また、準備も必要です。

準備ができたら、上手くできたと思うでしょう。

できていないとは、やはり準備とは?とのところでしょうか?

やはりよく準備したからこそうまくできたはずです。

誰でも、ずっと順調していくはずがない、

誰でも、波などがあると思いますが、

波がきた来た時に、

感謝のある方、準備ができた方こそ、

上手く波を乗り越えるでしょう。

色々な波、崖を超えた人間こそ、成功した人間と言えるものでしょうか。

もう少ししかっり準備するものがあるかと思いますが、

時間をどこかに上手く使っているのは、検討する必要でしょう!

私自身も!

足りないものを受け入れる更新する、これはいいことですね。

2月より、これからの拡大を期待して、ベテラン1名を入社しました。

営業本部を立ち上げ、東京支店の立ち上げを視野に入れて、沢山のお時間をここに活躍したいところでも、あります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

みんな困った「働き方改革」をクラウド上で解決します。

ダウン

デジタル給与明細  https://janga.co.jp/content/mobile_bill.html

●WEB勤怠管理(GPS付) https://www.janga.co.jp/sms/kintai.html

●AI/RPAによる人事・労務自動化  https://jinji.janga.co.jp/

小さい会社でも!

Posted by 劉 桂栄 on 2020年1月15日
Posted in 社員動機能力より責任 

小さい会社でも、責任が誰にも負けないようになれば、小さくても大きなことができます。

ジャンガ・テックはこのような小さい会社でも、デッカイ企業の気持ちで、やってきました。

デッカイプロジェクトを遣り抜けているし、お客様の喜びを頂いています。

お客様の「付加価値の向上、満足度の実現」が達成しているます。

このような自負ができるのは行動できる優秀な人材がいるこそできたと思います。

 会社に関心の皆様に会うたびに語っていること、「皆様の力の合わせで、会社が成長していくのだ。 」

よく考えたら、語るより、皆さんの行動で証明しているものではないかと気付いてきました。

SEたちはお客様の開発パフォーマンスを実現するため、工夫したことは、社内既存開発チームとサポートチームと、上手く組み合わせ、外部技術者を受け入れなくて、お客様のご要望を実現しています。

元々、ユーザのご了承で、コストを抑えるため、社内の既存の技術者で長い開発期間を設けていく、これでお客様より喜んでいます。お客様の喜びは我々の 最高に幸せな気分になります! 

よくお客様のご担当者より言われている言葉があります。

それは御社に頼めば、「やりたいことを伝えたら、すぐ分かってくれて、安心だわ!」

「しかも、頼む以上やってくれて、有難う!」

普通、よくお客様に「有難う!」と言う言葉が、

逆に、お客様から、よく言ってくれています。

私も聞いても、慣れたように見えるのですが、

実は、心に何時も感謝しております。

SE達も同じ、何時も「有難う!」の感謝の元で

開発しているので、逆に予算を超えてもいいものを作ろうと努力する皆さんの姿を見て、安心して、心の中に喜んでいます。

「想像以上」の実現はこのように実現しています。

昔、ジャンガ・テックの名刺に「想像以上」と印字したこともありましたね。

よく聞かれました。

お客様の要求を「想像以上」の実現を目指し、

お客様にはご本業で本領を発揮していただき、

ジャンガ・テックは黒子に徹し、裏方としての天職をまっとうしたい

最初ご利用の時に「面倒くさい」といっても、

最後は「よかったよ」「助かった」「コスト削減ができた」「利益も上げた」などと言って下さると、

もう社員共々最高に幸せな気分です。 この幸せな気分をいつも社員たちと味わっています。

「製品の品質、感動なサービスとは?」

やはり時間で検証できたものです。一番長く、一番安心、それは、導入後、10年に経ても止めないお客さんがいるどうかというところです。

最初ご利用の時に「面倒くさい」といっても、

最後は「よかったよ」「助かった」「コスト削減ができた」「利益も上げた」「有難う」などの感謝と言って下さると、

もう社員共々最高に幸せな気分です。 この幸せな気分をいつも社員たちと味わっています。

この令和2年の1月も「有難う」を頂くために、皆さんが笑顔で頑張っているところです。ちなみに。私もいつも笑顔ですよ(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

みんな困った「働き方改革」をクラウド上で解決します。

ダウン

デジタル給与明細  https://janga.co.jp/content/mobile_bill.html

●WEB勤怠管理(GPS付) https://www.janga.co.jp/sms/kintai.html

●AI/RPAによる人事・労務自動化  https://jinji.janga.co.jp/

スーパー分析マン・コンサル営業担当彼女の入社9年目のお誕生日です。
1月の誕生日で益々新芽を生まれることを祈りします。
おめでとうございます🎂🎊🎂🎊
これからの成長を益々期待します👍👍💪💪

新年挨拶

Posted by 劉 桂栄 on 2020年1月8日
Posted in イベント・セミナー 

2020年新年挨拶

取引先の皆様、クラウド型ASPサービス御利用者の皆様、従業員の皆様:
明けましておめでとうございます。
時下、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素、格別なご高配を賜り、誠にありがとうございます。
令和2年は弊社創立18年目の新年となります。ここで新年のご挨拶をさせていただきます。

———————————————————————————————————-
昨年は、『AI/RPAを活用して「働き方改革」「生産性向上」』を業務目標として掲げ、人事・労務システムとサービス提供において貢献してまいりました。今年もこの目標を掲げて参ります。
私達は変わらず、お客様の「価値創造」と従業員の幸せを実現することを約束します

最新のITトレンドを観れば、AI(人工知能)やIoT(インターネット接続モノ)は現在社会を変え、新たなビジネスを生み出し、社会に急激な変革を促す力となっています。 株式会社ジャンガ・テックは、この時代のトレンドに沿って、お客様が満足のできるサービス提供するため、AIを礎に既存サービスを引き続き深めて行きながら、 横ばいの市場を拡大くし、新たなビジネスを育でて行きたいと考えています。

AIといえば、皆さんが非常に馴染みのある概念、或いはテクノロジーであることでしょう。 今までAI(人工知能)についての国際的な定義はまだ存在していないですが、AIは既に我々の日常生活に浸透し始め、我々の生活や社会に大きな変化をもたらしています。 AIは今が我々と非常に近い存在であり、例えば自律(自動)運転、配送ロボット、スマートスピーカー(OK Google、Alexa)、Siriなどが我々の生活における馴染みのある事例として挙げられます。 今や、AIは我々の日常業務においても、効率化・省力化、高度で専門的なアドバイス、利便性と安心安全など広い分野で使われ始めて、脚光を浴び、迅速に普及を成し遂げています。

予測によれば、2020年にバックオフィスの労働者の30%がマシンに職を奪われるという説があります。正に、AIはこの時代に逆らえないトレンドとなっています。 経営者はこの時代の流れに沿って経営戦略を調整しないと、経営不況に落ちる恐れがあります。 現在の日本社会は少子化高齢化が進み、超高齢化社会となっています。 この傾向は近いうちに止まる兆しもない様です。近年、人手不足問題が顕在化して行き、たくさんの業務が苦境に晒されています。 この課題を解決する手段として、AIの活用が脚光を浴びています。 AIの活用はこの人手不足課題を解決する有効かつ唯一の手段ということが社会的な共通認識となりました。

取引先の皆様、クラウド型ASPサービス御利用者の皆様、株式会社ジャンガ・テックは、長い年月ITを活用して業務を効率化するシステムの開発とサービス提供についての業務に取り込んで参りました。 この長い年月のシステム開発とサービス提供の中で、お客様にお役に立つ様々な実績と経験を積み重ねて参りました。 二年前から提供し始めた弊社が提供するAI/RPAは、業務の生産性向上がお客様からの高い評価を頂いております。 そのために、引き続きこのサービスを継続して深め、拡大して参りたい所存です。

スピーディーな時代変革に追いつくため、新たに高度な人材を求めて参りました。 結果、現在弊社には素晴らしい人材が集まり、新鮮な血液としてジャンガ・テックに活力をもたらしております。 このシステム・サービスにおける積み重ねてきた実績と人材力を、一日も早くをAI時代にキャッチアップしたいお客様の元にお届けしてまいりたいと思っております。
お客様の生産性向上を実現することが、我々の仕事の至高な価値であります。これはジャンガ・テックの鉄則です。

また、非常にありがたいことは、昨年(2019年)末まで、25万ユーザの計画でしたが、2019年末までに30万以上累計登録ユーザを突破する事ができました。 これはお客様の信頼と従業員の皆さんの頑張った結果だと思います。大変感謝しております。

今年は、「新化・進化・深化」三つのシン化を会社のモットーとし、サービスを前年の3倍4倍拡大していく事を目標といたします。 弊社が着目しているところは、沢山の企業がAI・デジタル化により、底から生産性を向上していき、 少子化とグローバル化など競合の中で競争力を向上して、WIN-WINな関係を構築し、お客様の発展をサポートしていきたいです。 サービスにおいて今年は、人材力を活かし、人事、経理・総務・営業・人事評価・業務評価などワンストップサービスステーションを築きあげ、お客様に最大の利便さを提供致します。 中国人消費者向けのインバウンドサービスにおいても、弊社が提供するAI活用のレコメンダシステムとサービスの強みを活かし、来日中や在日のお客様にピッタリ合う購買提案を提供を強化します。

どうか、ご指導ご鞭撻のほど何卒、宜しくお願い致します。

今年の展望と計画

1.システムにおいて、UXを当たるところまで改善し、利用者が感覚的に使用できるシステム構築を一層進めて参ります

2.インバウンドサポート業についてAI化を一層進めて参ります

3.パートナー企業向け開発業務の拡大化を行います

4.マーケティングを重視し、より多くのお客様に弊社のサービスを届けるように致します

5.従業員の幸せ構築プロジェクトを引き続き行って参ります

最後に

弊社はより一層元気で、明るい企業努力を行い、皆様とさらなるパートナーシップを築いていきたいと考えております。

企業と企業、人と人そして環境にもやさしい時流ITにて社会に貢献して行きたいと考えております。

そして、企業の皆様にも従業員の皆様にも信頼される最適なパートナーでありたいと願っております。 

2020年1月6日

新年挨拶

2019年の刺激

Posted by 劉 桂栄 on 2019年12月27日
Posted in 時流IT 

間もなく去っていくこの一年間を振りかえてみると、私はいろいろな刺激を受けた一年でした。 BNIの「 Give what is given
一年間に会った経営者達のノウハウ、喜び、悩み、苦労したこと、チャレンジしたこと、失敗したこと、お客様のこと、社員のこと。この中の一つ一つが全部いい刺激を受けていると思います。

偶に一緒に喜びしながら、成功事例を共に味わっていたり、失敗したことを一緒に分析し、経験として共有したりした一年でもあります。

ここから刺激を受けて、一個一個に実行したいこともたくさんあります。しかしながら、手が回らない状態で2020の新年を迎えるようになり、来年ならの刺激をまたまた受けなければなりません。そして、2倍3倍もやって行かないといけません。

お客様よりの刺激:

私がいつも言っている言葉があります。「我々のノウハウはお客様から育てています。」いくらいいものでも、ご利用者の喜びを得られないと、また利用者のノウハウを吸収できないと、本当の意味のいいものになりません。また、他人のちょっとしたヒントから大きな飛躍できる力、これも時流を読めるお客様のお陰様で形になったり、実績を創ったらしてます。何時も我々を育っててくれたお客様を感謝しなければなりません。師走の季節が、もっともっと感謝にしなければなりません。

社員から刺激:

本日は2019年の最後の出社日です。プロジェクト開発に参加しているSE達、サポート運用のメンバー達、一生懸命に営業をしているメンバーの皆さんから、いろんな刺激を受けていました。

一番早く出社の社員は何と11年9月に続いて一番早く出社していました。自分も出来ていないと反省しながら、敬服しています。このような社員がいてくれて、幸せいだなぁと私はいつも思っております。

もっともっと、刺激を受けているのは、皆さんの努力した結果、今年は

AI/RPAに業務効率とのスローガンが定着して、お客様からの信頼度をもっともっとアップしたところです。

2018年12月まで15万ユーザから28万ユーザを超えた勢いで、拡大してきました。この同様な喜びを来年2020年も味わえると確信しております。

2020年、ジャンガ・テックのチャレンジはギアアップしなければなりません。チャンスは待たないこの時代について行けなければなりません。

2019年の刺激から頂いたエネルギー、パワーを活かして、チャレンジ2020!

どうかユーザの皆様、今後とも引き続きご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げ、私の2019年の最後ご挨拶とさせて頂きます。

皆様もどうか良いお年をお迎えください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みんな困ったことをクラウド上で解決します。ジタル給与明細  https://janga.co.jp/content/mobile_bill.html
●WEB勤怠管理(GPS付) https://www.janga.co.jp/sms/kintai.html 
●トータル人事・労務  https://jinji.janga.co.jp/  
https://www.janga.co.jp/recruits/intabyu.html
若し2019年が成長があったら、
前へ進んで成長できた理由は一つしかありません。
それは、頑張ったとのことです。

若し2019年が成長がなかったら、
進まない成長できなかった理由は百以上も選べるかもしれません。

成功できていない人は百の理由をさがし、
自分のできていない理由を証明しょうと思ってやっています。

成長した方はただ一つ理由を示すだけで、
次へのチャレンジに移って行動しています。

お金がなくなったら問題はないが、
人間性を失ったら問題になります。

言い間違ったら問題はないですが、信用を失ったら問題になります。
失敗したら問題はありませんが、逃げったら問題になります。

自分が出来なければ、できる人に自分のレベルで解釈したらいけません。
自分ができないことが、他人ができるかもしれません。
部下の成長を防ぐのは道徳の喪失になります。
それをやったら大きな問題になります。

2019年の人生をもっと価値のある人生になっていきましょう。
失敗したら、正直に経験を纏め、再チャレンジしたり、
自信が無かったら、沢山の読書で、知識を増やしていきましょう。

「正直者は損をしない」
自分を守るより、正直しなさい、
その方が成長に繋がります。

自分を豊富することで、世界を関知することができます。
自分が善良であれば、美しさのある社会を見えます。

自分が勉強すれば、知識の力を分かってきます。
自分が成功すれば、生命の壮観を悟ってきます。
このような行動で2020年を迎えましょう。
このような行動で2020東京を迎えましょう

きっと、もっと豊富な自分が2020年にいます。
そこにいるため、もっともっと頑張りましょう!!!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みんな困ったことをクラウド上で解決します。ジタル給与明細  https://janga.co.jp/content/mobile_bill.html
●WEB勤怠管理(GPS付) https://www.janga.co.jp/sms/kintai.html 
●トータル人事・労務  https://jinji.janga.co.jp/  

成長のチャンスを得る

Posted by 劉 桂栄 on 2019年12月12日
Posted in 変化と不変社員動機 

仕事を頼まれる、任される=成長のチャンスを得るということです。

声をかけられる存在になれば自然に仕事が集まり、自然にスキルアップできると思います。逆に、その仕事をやり遂げるだけの力があるのに仕事を任せてもらえなければ、今以上の力をつけることができなくなってしまいます。

ここのチャンスを失ったらもったいないですね。

そこで、力があることは分かっているけれど、仕事の依頼を躊躇してしまう人はどんな人なのかを、皆さん、ご存知かと思いますが、

私の場合は、仕事を頼んだら、すぐ「はい、分かりましたと答えをはっきりできる人と、何時何時まで、完成しますと仕事の優先順位をはっきり分かるような人に頼みたいものです。

力があるのに、仕事を頼む時に、「えっ、まあ、でもなどと癖を入れて、答えは、はっきりしないタイプの人」に仕事の依頼をいつも躊躇してしまう私です。このようなケースの場合は 躊躇 していまうのは私だけではないかと思いますが、いかがでしょうか。このような経験はありませんか?

やはり、お仕事を頼みやすいところに仕事を頼みたいですね。頼まれた人が仕事の量が多くなるかもしれませんが、その分が成長のチャンスも得たと思いますよ。

頼れる存在になりましょう。それで、成長のチャンスをゲットしましょうよ。

これは、遠泳不変の道理です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

みんな困ったことをクラウド上で解決します。

ダウン

ジタル給与明細  https://janga.co.jp/content/mobile_bill.html

●WEB勤怠管理(GPS付) https://www.janga.co.jp/sms/kintai.html

2020に向かって方向性をしっかり分かるように!

Posted by 劉 桂栄 on 2019年12月9日
Posted in 社員動機 

仕事は難しさを感じる時、本当に難しさのある仕事なのか、

できないから、難しさを感じるだけではないか。
出来るなら、難しくないではないか、と真剣に考える必要があります。

この仕事なら、誰に付いて行けば、できるようになるかをはっきり分かるようにしておきたいです。

謙虚さ、勉強好き、チャレンジをしていけば、できたことを忘れずに、
誰でもこのようなプロセスで成長していることを覚えて頑張って頂きたいです。

疲れを感じた時、自分だけの歩み道が凸凹ではないはずです。
自分がどこへ行く方向性を忘れているだけではないかを再度、頭に強化し置きたいものです。

人生は、避けることができないのは他人の一言に、牽制されられたり、
或いはこまごまと煩わしい事に、牽制されられたり、
しばしばに本性を失ったり目的を忘れたりする場合があります。
しかし、本当の方向性だけを失ったらいけません。

誰の人生のプロセスがどうやってきたかより、
皆さんが関心しているのは終点を辿り着いたか、どうかのところです。

自分が本当に行きたい目的地は、はっきりした時、
自分の前に全ての障害は障害ものにならないはずです。

来年向かって、全て障害物は障害にならないように、
自分のありのままで、謙虚さあり、勉強好き、チャレンジ精神のある
優秀な人財になるように頑張って頂きたいです。

方向性が確り分かれば、苦にならないように頑張れます。

我々が優秀になれば、お客様も安心して頂けます。

お客様が安心させるためにも、我々が優秀にならなければなりません。

優秀な人財がいるこそ、お客様に褒めてもらたっりしたり、

また、お客様から新たな期待を生まれて、新しい仕事をもらうものです。

優秀になる為に頑張りましょう。ジャンガ・テックの皆さん!

それでは、良いお年を!

来年も宜しくお願いします。