Header image alt text

人事労務システム提供実績18年間33万の愛用者!効率化最大95%アップ、

劉 桂栄のブログ

人と人の差異創りは、実は簡単!

Posted by 劉 桂栄 on 2021年6月9日
Posted in 時流IT 


6月9日
  · プライバシー設定: 公開

人と人の差異は、実は簡単です。

この七つは人と人の大差をつくっている。

①彼は朝起きたくない時、 あたなは朝の運動している。

②彼はぼんやり仕事をやってる時、 あなたは真剣に仕事を取り込んでいる。

③彼は今日の計画をする時、 あなたが来年の計画を真剣に考えている。 しかも、達成するために工夫している。

④彼は言い訳を探している時、 あなたは問題を解決している。

⑤彼はただ消費している時、 あなたは投資でお金からお金を生むようにしている。

⑥彼は自分の利益を計算している時、 あなたは相手の利益を考えてあげている。

⑦彼は嫉妬で自分を潰しているところ、 あなたは羨ましくて目標として自分の将来を描いて頑張っている。 

成功している皆さん、どんな仕事でも心を使って取り込む。 

どんな人と出会っても、縁を感じている。

このような感じる1日、忙しいでした。

こちらはある若手とミーティングするとき、10分以上待たさせて、その時の感想でした。

イチバン研究所にVTR出演!

Posted by 劉 桂栄 on 2021年5月20日
Posted in DX方針の推進時流IT 


「イチバン研究所」による3月取材したVTRとジャンガ・テックのシステムが紹介される
テレビ放送日が、
ついに今週22日土曜と近づいてまいりました!
カンニング竹山さんの、 ”世の中のまだ知られていないイチバン!” を
紹介する情報バラエティ番組です。
弊社の人事労務システム「SMSK-1」
(詳しくはこちら:https://jinji.janga.co.jp/)も
徹底取材していただきました。
コロナ禍の今も、よりお客様を助けたく進化し続ける弊社
「人事労務JANGA」システムのご紹介、ぜひご覧ください!

================================
1. 5月22日(土)の東京MX「カンニング竹山のイチバン研究所!」で
ジャンガをご紹介頂きます!
2. 番組での紹介される人事・労務JANGAとは?
====================================
1.5月22日(土)の東京MX「カンニング竹山のイチバン研究所!」で
ジャンガをご紹介頂きます!
カンニング竹山さん所長の研究所が、様々な分野の”イチバン”を徹底取材。
弊社が開発している「人事労務JANGA」について、その機能を余すことなく
ご紹介します。
また実際にご導入いただいた企業様からのリアルなお声も放送されます。
【カンニング竹山のイチバン研究所】
・ TOKYO MX(9ch) 19:00〜19:30
・番組HP:https://ichiban-kenkyujyo.com/
土曜夜のひと時、お時間いただけましたら幸いです。

2.番組での紹介される人事・労務JANGAとは?
「人事労務JANGA」とは、個人情報をはじめ日々の勤怠管理から
給与自動計算や明細の発行、
さらには年末調整業務までを電子化した一元管理システムです。
ご導入いただくメリットは、作業時間の削減はもちろん、
ペーパーレスによる
スマートな業務がコスト削減に反映しeco環境にもつながります。
人的作業より圧倒的に効率アップが計れます。
現在、牛丼の松屋フーズ様をはじめとする飲食店や、
小売チェン店ではスーパーの三徳様等、
様々な企業でご利用していただいております。
製品紹介ページ: https://jinji.janga.co.jp/ 
お客様の声ページ:https://www.janga.co.jp/cases/

卵は内側から破った時、生命の誕生

Posted by 劉 桂栄 on 2021年4月20日
Posted in 時流IT社員動機 

「卵は内側から破った時、生命の誕生

卵は外側から破った時、食べ物になる」

正直に、言葉の通りに、主体性を持って行動する方は、入社してから、或いは試用期間で正しい判断ができるものです。できなくても、行動して、失敗していけば、いくいく内に他人に役に立つ人間になります。

よく「キャリアアップのために、転職している」との話が聞こえます。キャリアアップのため転職との考え方について、私にはよく理解できません。転職のところで自然にキャリアが付いていけるものでしょうか?或いは何等かの努力でキャリアアップできるものか?こちらは言わなくても分かるはずですね。

逆に、どこでキャリアアップに繋がりやすいでしょうか。

実は、どこかで関係なく、自分自身と関係があるものです。

「生命が誕生できる卵になってほしい」。そすれば、転職してキャリアップとは関係なく、どこでもキャリアップできる人財になるでしょう。

卵は内側から破った時、生命の誕生

卵は外側から破った時、食べ物になる

自ら行動し、自ら変わろうとすれば、更生できます。

人生も素晴らしい人生になるはずです。

逆にずっと言われてから行動するとか、教育しても変わらない者に対して、

弱くなっていく一歩です。仕事がないのは当たり前でしょう。

明るい未来は自ら行動できる人に準備しているもの。

行動しましょう。自分の幸せのため!

今年の入社生の皆さんにも、「内側から破って更生してほしい」と、

JANGA人の皆さんが大いに期待しています。

そして、三年後の自分をイメージしながら、素直に真っすぐに成長してください。あなたの成長で、次のような信頼関係のあるお客様が増えてきます。あなたの成長、会社の成長、共に成長しましょう!明日のため!

人事労務JANGA導入事例

内側から破ってくる人!

Posted by 劉 桂栄 on 2021年4月20日
Posted in 人生社員動機 

内側から破ってくれる社員が

増えれば増えるほど、会社が成長していく❣

「優秀な人財採用難」というテーマはマスコミもよく報道しています。

良い人財を採用ようと、頑張って応募者の書類をチェックし、ある程度であれば、面接する、また、テストする、と進め方で、進んだ結果、出会った方々が沢山いらっしゃったが、その中にどちらが内面から破ってくるものかを面接で必死に聞いて、観察したりしています。

また聞いた内容にどのような考え方を持って答えてくれるか、その答えは真実のあるものかをテストも含めて、判るように頑張るんですが、

「ここもAIを活かして活用してもらえば、人事の採用の入口で、将来の人財を育成までの70%まで解決できる」なぁと推測します。こちらも我々のSE達に頑張ってもらいたいなぁと思ったりする今頃までになっています。

このような考え方をもっている私だけではないと思っております。

次の挑戦はここだと思いました。半年後に形になれば、と期待しております。

内部から破ってくれる皆さんがいるから、我々の経営者の思いを形にしてくれる、内部から、自発的にチャレンジする人財、またチェレンジが好きな人財がいるこそ、経営者の思いを形になります。

19年前から、今までのチャレンジの人財を求める姿勢は変わりません。我々が求めている内部から破ってくれるチャレンジの人財像も変わりはありません。

いつも面接しながら、「こちらのタイプは内から?或いは外から?どっちから割れるでしょうか?」と考えてしまい。

それで、これを一生懸命に分かろうと思って質問していく。

大体印象から、こちらの方は内からと思ったら、質問に対しての答え方からもそのような感じであまりの外れはありません。

印象から分かるとは、実は結構当たると思います。

メディアでもよく言っている「ミスマッチ」ですが、ミスマッチと関係なく、本人次第でいい人財になるケースも多くあります。

ミスマッチなんかと関係ありませんね。人財は人財。どこに置いても、その人の価値を生まれて、そこに貢献できる人こそ、人財と言えるんでしょう。

また、お互いに正直になっていないで、ミスマッチになりやすいですね。

求人者はいいことだけを紹介して、応募者もうまいことだけ言ってしますとか、これだけでもミスマッチしてしまいますね。

私の幸せ一つとして、社員の皆さんが内部から破ってくれる社員が増えてきて、思いを伝えておけば、大体に形になってくれるなんです。私って、本当に幸せだなぁとよく思っております。

また、このような社員がいる会社は成長しない理由はありません。

これからIT企業の成長は派遣会社を除く、社員の人数で成長するより人財で成長するはずです。

人事労務JANGA導入事例

避けたらいけないこと

Posted by 劉 桂栄 on 2021年3月5日
Posted in 時流IT 

「避けたらいけないことは何でしょう」と質問したら、

どのような返事を戻ってくるでしょう?

避けたらいけないことの例を挙げたら、何か挙げられるでしょう?

いろいろあると思いますが、 私から挙げて貰ったら、

分からないこと、怖いこと、嫌なこと」を挙げます。

この三つのことを避けたら、人生は逃げる道しか走らないことになります。

・考え方が間違った逃げる転職さん

何か、転職を好きな人がいますね。

何かあったらすぐ辞める人は、次の転職会社に面接する時のイメージしていきます。

面接官は応募してきた求職者に質問に対して、

だいたい次のような会話で流れていきます。

「なぜ?転職が多いですか」に対して、

「スキルをアップするため」とか、

「キャリアをアップするため」とか、このような答えるのは多いですよ。

このような方々がどこでもよく使う言葉ですが、

実はスキルアップできる方々はどこで勤務しているがあまり関係ないではないでしょう。

責任から逃げる転職さん

もっと、ひどいことは、「1回目の転職理由は?」に対して、

「会社倒産したから」、「え~」しか返事できません。

なのに「2回目の転職理由は?」と聞いたら、

「あの会社はちょっと危ないとか、ちょっとおかしいとか」と答えてきます。

「経営が厳しいですかね?」

「なぜ?一緒に乗り越えようと思わないのですか?」 の質問に対して、

「その会社を嫌になってきたからです」

「どのようなところに嫌になったの?」 と聞いたら、

「あの会社は社風がダメですとか。」

社風は社員の皆さんから創られたものでしょう。

責任転嫁をしていく従業員が多くいればいる程、いい社風になるはずがないでしょう。

「あなたが入社したら、弊社の社風も変わるかもしれません。

弊社はあなたのような「ジンザイ」を採用できません。」と率直に伝えたら、

「御社の環境であれば、スキルアップができますので、一生懸命にやりたいです」と言いつけてきます。

「スキルアップは環境と関係はありません。個人の考え方と行動と関連しているものです。

考え方が間違ったら、弊社もどうにもなりません。申し訳ない。」と話を切ってしまいます。

「スキルをアップするため」とか、

「キャリアをアップするため」とか

このような言葉は、実は人材教育をやっている企業はよく使う言葉ですが、

転職さんもよくこのような言葉を借りていますね。

日本では、一生で三回以上転職したら、習慣転職さんになるそうですか、

以上のような転職さんの場合は、習慣転職ですかどうか分かりかねますが、

でもいくら見ても、このような転職さんは逃げる派ですよね。

・「分からないから怖くなって逃げる」

きっと前職では「分からない」ことが多かったと思います。

分からなくて、そのままいっていれば、いつかばれると

「怖くて怖くてしょうがない心理」を活動して、最終的「逃げる道」を選んでしまう。

このようなタイプの転職さんは3回以上になれば、習慣性になってて、

変えようと思ったら、相当難しいです。

私も変えようと思ったですが、でも、採用したらやはり失敗例が多いです。

次の絵からの感想です。

考え方が違ったら、大変苦労しても叶わないものですよね。

IMG_4788[1]

社会的には成功の追求、個人的には幸せの追求

Posted by 劉 桂栄 on 2021年2月18日
Posted in 時流IT 

社員インタビューではなくて、私の挨拶のところを見たら結構昔の写真がありました。

やっぱり時の流れを認めなければいけませんという感想中です。

いつも情熱情熱って言ってるんですが、

実は成功としても幸福としてもどちらでも情熱を離れたら実現できません。

ここのページも何年間か更新してないですね。私の指示がないと更新してくれないかしら。

こちらの画像はまた2004年青島の会社に行った時の演説に応じて技術者が作ってくれた画像です。

基本は変わってないと思いますが、この画像はまた今まで使っております。

入社7年目になった営業担当の石井さんでした。

入社当時より随分成熟してきました。

自信があふれるほどの笑顔を見せてくれました。

自信から出てきた笑顔はやっぱり力ある笑顔になりますね。そこからお客様の信頼度もアップしてくれる力になりますね。

日々お客様の悩みを改善しててお客さんより多大の信頼をもらっている石井さんの社員インタビューのページでした。

こちらの求人ページインタビューの更新で、テレワークで見えないのところに見える改善がありましたね。

すごく安心感動している私です。

qrf

想像以上のスピードで成長できる機会がここにある

Posted by 劉 桂栄 on 2021年2月18日
Posted in 時流IT 

こちらのジャンガテックの採用ページのインタビューのところを発見ました。

前の写真からも変わってて、若いより成熟した女性はやっぱり素晴らしく素敵ですね。

やっぱり女性は16歳で美しいのは、自慢にはなりませんが

60歳で美しければ、それは魂の美しさです。

我が社の女性はみんなそれを目指して頑張ってるところです。

入社面談は厳しいものですが、試練ももっと厳しいもので、ここまで成長した多麗娜さんでした。

大手企業次々にアプローチしていく、契約していくチェレンじ姿勢は止まることはありません。そのような姿は素敵です。

rptnb

性格のタイプ

Posted by 劉 桂栄 on 2021年2月16日
Posted in 時流IT 

人間の性格のタイプはいろいろがあると思われますが、

仕事に一番合うタイプは何でしょう?

それが分かったら仕事の効率が良くなるでしょうか?

実は科学的な分析によると、合うタイプをわかって仕事をすると効率的だそうです。

次タイプの図がありますが、自分のタイプを分かるでしょうか?

私にはどんなタイプでもいいかなあと思いながら、

然し次の3つは必ず必要なものです。

素直、前向き、勉強好き。

実はこの三つの言葉は船井総研社の船井氏が言った言葉です。

また我が社の人材像として使ってる言葉です。

本日の感想

Posted by 劉 桂栄 on 2021年2月16日
Posted in 時流IT  | 1 Comment

テレワーク、オンラインミーティング、実際会って話していく、また電話で情報交換したり、実はマーケティングのやり方はいろいろがあります。

一番効果的なマーケティングはどれでしょうか?というより、

誰がいつどのようなニーズがあるか、こちらの把握することは一番大切だろうと思っております。

INテレワークより

こちらの写真は本日の日入れる時の富士山でした😁

fznor