Header image alt text

クラウド人事労務サービス提供!

劉 桂栄のブログ

「ご縁」とは?

Posted by 劉 桂栄 on 2022年1月14日
Posted in 世論人生 

類は友を呼ぶということはよくあるでしょう。或いは、自分の友たちを見てください、そうなっているはずではないでしょうか。

「ご縁」は西洋人は「Our meeting was linked by fate!」とのような解釈があります。これは「私たちの出会いは(神に定められた)運命によって結ばれていた」というような意味もあります。実は仏教も同じ解釈です。

この「ご縁」ですごく人生を変わったりしたら「良いご縁」ですね。

私は、この根底にあるのは「物事はすべて繋がって成り立っている」という考え方だと思っています。これは、仏教でいう「縁起(えんぎ)」の教えです。

出会い一つにしても、数えきれない無数の事象が関係し合って成り立っています。別の言い方をすると、無数の事象が一つでも欠けていれば、その出会いはまた違ったものになり、極端な言い方をすれば、その出会い自体が存在していなかったかもしれません。

普段、私たちは当然のように人と会い、ご飯を食べ、生活していますが、実はどれ一つとっても不可思議なことであり、当たり前ではないのです。無意識にも二度と巡り遇うことができないという感覚で有り難い(めったにない)という感謝の気持ちが起こたり、「縁」を深くしていきます。

つまり、何かの「縁」というものは、こうして色々な出会いによって生まれたり、そして、その「縁」を大切にしている人なら、次々と新しい「縁」が集まってくるということです。

一つ一つの出会いを大切にし、また、その出会いに自分のスキルで何か貢献できるか、或いはその方に付加価値を提供できるか、これは最高の人生の「ご縁」になるでしょう。

最近はすごく感じる時期でもあります。


令和4年壬寅歳千葉初雪兆

Posted by 劉 桂栄 on 2022年1月8日
Posted in 時流IT 

2022年1月6日、今年の初導入契約者は大阪の電鉄の企業でした。千葉初雪、東京は2回目の雪でしょうか。結構積もりました。

雪兆豊年ということですね。良い寅年です。

また本日新年挨拶に訪問にきた企業のお客様のお話しも感動的です。「ジャンガテックのやり方は今までなかった斬新のやり方で良かったで、助かりました」と言ってくれました。また、次次のご要望を頂きました。また、喜んで私のインタビューを受けました。

今年のインタビューも順次にHPに公開致します。本日訪問先から会社に戻って来たところで、年末雪の日に大阪出張に Surupasをデモさせて頂いた企業から、電話で導入契約頂くお知らせがきました。今年の初導入契約になります。雪の好運に感謝、皆さんに感謝感動している私も幸せです。

2022年壬寅歳新年ご挨拶

Posted by 劉 桂栄 on 2022年1月4日
Posted in イベント・セミナー 

明けましておめでとうございます!
おかげさまで、2021年12月まで「人事労務JANGA」が40万ユーザー導入実績を更新いたしました。本年は、最小新規企業1100名の企業様から最大5000名を超える企業様に導入頂くこととなりました。また既存企業などが追加導入もたくさん頂きました。
ご利用者数40万の導入実績を更新し続けております。
信頼を寄せて下さる皆様に、引き続き取り組んで参ります。

また、 今年は、「新化・進化・深化」プラス「真価・新価」の五つのシン化を会社のスローガンとし、サービスを前年の3倍4倍拡大していく事を目標といたします。 弊社が着目しているところは、沢山の企業がAI・デジタル化により、底から生産性を向上していき、 少子化とグローバル化など競合の中で競争力を向上して、WIN-WINな関係を構築し、お客様の発展をサポートしていきたいです。虎のように勢いではなく、穏やかに発展していきたいです。
どうか、ご指導ご鞭撻のほど何卒、宜しくお願い致します。

ジャンガ・テックの代表の新年ご挨拶はこちらへ

2022の寅年に向かって!

Posted by 劉 桂栄 on 2021年12月27日
Posted in 時流IT 

2021年も、引き続きコロナの年を言っても良いぐらいコロナの影響が生活にも、仕事にもあったと思います。

時に仕事は難しさを感じる時も多かったと思います。今年も、例年もこれは変わらないものだと思います。しかし、本当に難しさのある仕事なのか、或いはできないから、難しさを感じるだけではないでしょうか。
出来るなら、難しくないではないか、と真剣に考える必要があります。

今年の纏める社員会のテーマーは「クラスター経営評価」を皆さんに再度共有したいです。「クラスター経営評価」との出会いは、7年前だと思います。

社員の間にもある程度浸透して、新人のある年度に、皆さんと再度振替をしています。インプットとアウトプットで社員達がお互いにイメージを掴んで行動するわけです。

◆個を活かす
◆小集団を活性化
◆個人の成長と企業の成長を目指す

また労働分配率をはっきりするのも、また誰に付いていたら良いか、その方向性をもう一度確認して新年を迎えましょう。

この仕事なら、誰に付いて行けば、できるようになるかをはっきり分かるようにしておきたいです。人間って、優しい人に付いて行けたい気持ちが強いですが、それよりいくら厳しくても付いていけば、成長できる、この認識がもっと大事だと思います。

20代、30代は厳しさを逃避すれば、40代50代がその逃避した分の苦労さを味わなければなりません。

ジャンガの人財像をここに共有します。

「素直、勉強好き、前向き」

良いイメージをして、できたことをどうしてできたを忘れずに、
誰でもこのようなプロセスで成長していることを覚えて頑張って頂きたい。

疲れを感じた時、自分だけの歩み道が凸凹ではないはず。
自分がどこへ行くか、その方向性を忘れたらいけない。

人生は、避けることができないのは他人の一言に、牽制されられたり、
或いはこまごまと煩わしい事に、牽制されられたり、
しばしばに本性を失ったり目的を忘れたりする場合があるかもしれない。
しかし、本当の方向性だけを失ったらいけません。

誰の人生のプロセスがどうやってきたかより、
我々は、終点(仕事結果)を辿り着いたか、どうかのところを関心した方が良いと思います。

自分が本当に行きたい目的地は、はっきりした時、
自分の前に全ての障害は障害ものにならないはず、とイメージしてください。

そのイメージで、自分の潜在能力を発揮してくれて、来年向かって、全て障害物は障害にならないように、
自分のありのままで、謙虚さあり、勉強好き、チャレンジ精神のある
優秀な人財になるように頑張って頂きたいです。

方向性が確り分かれば、苦にならないように頑張れます。

我々が優秀になれば、お客様も安心して頂けます。お客様が安心させるためにも、我々が優秀にならなければなりません。

優秀な人財がいるこそ、お客様に褒めてもらたっりしたり、また、お客様から新たな期待を生まれて、新しい仕事をもらうものです。

優秀になる為に頑張るしかありません。

ジャンガの皆さん!

2022年に向かって、方向性をしっかり再度確認してお頂き、頑張りましょう

自分の潜在意識に常に良いイメージを持って、悪いと思ったものが出ても、すぐに捨てて、常に我々の良いイメージを起動しておけば、良いお年を必ずきます。来る年も良い年で、みんなで happyになるんだ!

そのため、目的性、方向性をはっきりし万進しましょう。

株式会社ジャンガ・テック 代表取締役社長 劉 桂栄

お蔭様で2021年利用ユーザー40万を突破!

優柔不断は優しい人?

Posted by 劉 桂栄 on 2021年12月20日
Posted in 時流IT 

優柔不断は優しい人なのですか?

長所でもあり短所でもありますが、

人の気持ちを考えすぎて決められないでしょうか。

あるいは、自分の都合を考え過ぎて決められないでしょうか。

そんな所があると思います。

決断力が早ければ、リーダーシップがあると言われ、

かつ独断的な考えとも言われます。

優柔不断は、やさしい人と思いますか。

決められ無い時は上司に決めてもらえばいい。

迷った時はだれかの意見に従ってやってみるとかいいかも。

また、関連者に決断するまで迷惑になるかもしれない。

その代わりにリーダーシップが発揮できない、

第1人者にならないね。

決断力を持ちましょう。

例え、間違っても行動しているようともメッセージを配信できますね。

2022年度、最後の刺激

Posted by 劉 桂栄 on 2021年12月13日
Posted in 社員動機 

2022年度、最後の刺激

あたなは年内最後まで、もし刺激があれば、どのような刺激が必要ですか?
これは、毎年の年末に自分に聞いてみています。

聞いてみれば、考えてみる、これはどなたも同じでしょう。
ふつう,外部条件の変化がそれに対応した感覚器でとらえられて刺激となるが、

気温の変化のように全身的に作用する場合もあります。
刺激によってひきおこされる反応には、
反射的におこるまばたきのように局部的な場合もあります。
出会いから、また次の出会いへ、またそこから生まれた刺激。

でも、我々、一番欲しい刺激は何でしょうか?
馬蝿(ウマバエ)効果の話を聞いたことがありますか。
いくら怠けの馬でも、ウマバエに刺されたら、刺激を受けて、走り出すそうです。
正しい刺激を受ければ、正しい行動を起こすということでしょうね。
例え、一年間、もし刺激が無かったとしたら、淡々になるかもしれないし、
すごい刺激を受けて、すごい変化になって、いい結果を出したかもしれないし、
逆に、刺激を受けて、だめになる人もいるかもしれない。
だめな場合は刺激あるかないかだめはだめなので、
ですので、ある態度の刺激を受けたほうが人間が成長しやす。

ある程度の興奮になって、人間の仕事の完成率が一番良いと思います。
人間というものはちっとも興奮も知らないタイプであれば、
いい仕事をする原動力もないかもしれない。
逆に、興奮過ぎても、いい仕事をするはずもない。

国は刺激で経済を図っていたり、組織は奨励金制度で刺激したらします。

私の場合はお客様からの刺激、社員からの刺激、友達からの刺激、家族からの刺激、こちらはすべて私を前へ前へ押し続けている感じで受け取っています。
このような刺激は、有利になっているように感じます。

正しい刺激は人の成長に繋がり、企業の発展に繋がり
社会の発展にも繋がりるもの。


人材も刺激が必要
強い人間って、どうやって、強くなったのでしょうか。
決して最初から強いものではない。
繰り返しストレスを感じさせて、
むしろ感じれば感じるほど、
その都度「折れない強さ」を
習慣化していけるようになることです 。
これも一つ刺激の繰り返す作用で得た効果。
その都度でその都度の連発対応で、強くなるものです。


話がもどるのですが、ほんとに、あなたがどんな刺激がほしいと聞かれたら、
どう答えるかなあ~?
もっと、発想できるような刺激とか、
もっと、仕事が効率できるような刺激とか、
もっと、スキルがアップできるような刺激とか
もっと、人に思いやりできるような刺激とか、等々!


この年、最後まで、その刺激、
もっともっと、受けたい人と受けたくない人の差は
来年の今頃になったとき、大差になってしまうかもしれない。
いっぱい有意義な刺激を受けましょう。その大差のため!
自主性をもって、受けましょう。有意義な刺激!!
人生、この4種類の人が隣にいたら、幸せな者になると思います。
先生・友達・家族・刺激者


兎に角、私の周りにいっぱい刺激をくれる色んな方々がいるから、常に刺激を受ける心も、身体も準部できています。来年向かってすべてを準部できたつもりで、残る日々を悔いのない人生を送りたいと思っています。引き続きよろしくお願いいたします。

厳しい要求こそ大愛!

Posted by 劉 桂栄 on 2021年11月1日
Posted in 社員動機 

厳しい要求こそ大愛!

どんな事でも、安易していいよ、これで十分ではないかと思ったら、チェレンジしたい気持ちがなくなります。責任を持ちたい気持ちも薄くなります。

実はチェンレンジ事態はリスクを伴い、責任も伴い、苦労もしなければいけません。だからこそ、いい人財を育つために、強い要求をどんどん出してあげます。

厳しい要求を一つ一つを乗り越えることができ、頼れる存在になったら、その厳しい要求は大愛になります。

先ず大愛から育った人財は、1を言ってあげたら、10まで理解できて、10を実行してくれます。厳しい大愛から育った結果は才能になっています。

ここまでできたら、皆の幸せでしょう。学校も大愛で要求していけば、企業がこちらの引き続き取り込んでいけば、自然的にできるはずです。今年のインターンシップ生はきっと、大愛のもとで学校の生活ができたと思います。

また、大連外国語大学からきたインターンシップ生の話になりますが、三年生までの担当先生が、私の大学の先生でした。研修するときに、いろいろな話から分かったことです。また、その同級生の苗字も劉でした。意外のご縁ですね。

私たちの企業もこのような大愛で育った人材をほしいではないでしょうか。

私は一生懸命に次の世代のために、やっていることはこれのためでもありいます。強い企業の続きはこれしかありません。

「できない」「苦手」を言わせたくない、大きな理由は社員に其々チェレンジして貰いたい気持ちが強いものです。

チェレンジすれば、どんな環境でも、できる方法を探ったり、考え方を変えたり、できそうな人と相談したり、勉強したりなどなどになります。これは凄い大切なことになります。

社員一人一人は、以上のようなことができたら、その会社は絶対に強くなり続きます。どんな時代でも増収増益も実現できます。

強い会社に働くことも社員の誇りではないでしょうか?強い会社の中、強い社員を生まれ続きます。

昔から株主がよく言われることがあります。「会社には強い社員、チェレンジできる社員が2名いれば、あと皆さんを引っ張っていけば大丈夫です。」

わたしとしては、それは大丈夫かも知れないですが、やはり、このような社員が多ければ多いほどいいと思って、ついつい全員に大愛を差し上げた私はいるので、頼れる者と頼れない者がいるのはしょうがないと思っています。

でも、もっともっとお客様に頼れる会社になるためには、「厳しい」と言われても、この大愛を全員に送り続けます。本日の営業会議にも、強い要望を出しました。厳しい要求、環境、チェレンジからいい人財を生まれることは間違はありません。これも執念です。次の時代にももっともっと必要なものです。

厳しい要求を大愛と思っている人は、いろいろな困難を乗り越えて、成長していくはずです。ですから、成長したい人財は、厳しい要求を大愛と思ってください!

責任は能力を勝つ

Posted by 劉 桂栄 on 2021年10月14日
Posted in DX方針の推進「ゆとり青年」新人あゆみ時流IT 

人事労務

こちらのインターンシップ生ですが、中国大連外国語大学からの四年生のインターンシップ生です。

中国文化を学ぶために、中国に留学している彼女がコロナの影響で、三年生から中国に行くことができなくて、オンライン授業を受けていました。

但し、中国の大学は卒業する前に必ず企業体験の科目を卒業できないと卒業できません。また、コロナの影響で、日本国内企業のインターンシップを認められて、10月11日からジャンガ・テックに企業体験2週間してもらいました。

そして、文科系ですから、先に営業体験電話アポ、何と3日間で11件資料送付!スゴイと褒めたくなります。

また、その凄さは何でしょう?

責任は能力を勝つという言葉を思い出します。

責任は能力を勝つ、中国語は「責任胜于能力」、これはアメリカ新任大統領オバマ氏が就任スピーチの呼び掛けです。オバマ大統領スピーチは「これからは責任をもつ新時代を向かい、この時代は責任を避けるではなく、責任を抱きしめる時代だ」と印象的だ。

勇気を持って責任を背負う大学生を採用したくなりますね。またその方に大きな責任を任せようと思いますね。責任を避ける社員に責任ある仕事を任せられないでしょう。

人事労務JANGA>>

●テレビ放送「カンニング竹山のイチバン研究所!」(ジャンガ・テック放送部分)
https://youtu.be/1Nd7DVqKgQw?list=PLBzVumWHL_AULM3HNbVVLXxK4AQlKoyBH

●導入事例HP:
https://www.janga.co.jp/cases/

リモートでのご説明ご参加する場合は
https://jinji.janga.co.jp/#seminar

選択

Posted by 劉 桂栄 on 2021年10月1日
Posted in DX方針の推進人事労務JANGA 

本日の台風16号、千葉市でも強かったです。選択できない台風、対策するしかありません。本日ご一緒オンライン懇親会参加するはずのメンバーが、責任で屋根漏れ対策で最優先に選択しました。

時代もそうです。この時代、あの時代って、どなたが選択したものでしょうか?
選択で時代を生まれてきたものではなく、自然に今の時代に入ってきたと思います。
但し、このような時代ですよ、と言っても、意識的に付いてきていない方々はこのありべき時代に置かれて、遅れてしまいます。分かった時に、追い掛けようと思っていても、付いてこられないとかよくあることですね。

私自身もあります。
ゲームとか、贅沢品とか、分かったところで、もう過去のことですよ、と息子によく言われたことがあります。

時流を選択できないけど、人生を自分の選択で違ってきます。一つの選択をしっかりできれば、企業でも、個人でも苦労しなくても、自然に欲しいところまでに辿ることがよくあります。 

時流は選択することではなく、付いていくことです。

でも、人生の歩き方は選択することができることが我々人間だけではないでしょうか。

一番、自己実現することは、人間の選択権利でも預かっているではないしょうか?

時流に従って、正しい選択で、人生だって、仕事だって、豊だって、人間関係だって、変わることができます。選択ってすごいものですよね。

トマト

Posted by 劉 桂栄 on 2021年9月27日
Posted in 時流IT 

今年、食べたトマトの半分を6月ごろ、ベランダーの鉢に埋めました。

その後一生懸命に水を掛けたり、肥料を上げたりして育ててきました。最初がいっぱい小さな花が次から次へ咲いてくれて、それで、嬉しくて、時間があったらベランダーにトマトの面倒をみている状態です。

ですけど、花が咲くだけで、実ったのはこの一つです。可愛い小さなトマト。また緑で食べられない状態です。
花咲くまで育つのは簡単かなと思いました。実るまで育つのはなかなか難しいと人材の育成も同じかなと随感しているところです。